平成27年第1回(3月)市議会定例会で議員提案された意見書は5本、関係機関に送付されました。

この中に「ドクターヘリの安定的な事業継続に対する支援を求める意見書」がありましたが、川口市には幹線道路が整備され、市外特に東京の病院へ重篤患者の救急搬送が行われております。ドクターヘリでの搬送はあまり関係ないようです。

しかしながら、大規模災害や事故時には必要不可欠なものであり、併せて埼玉県の防災航空隊の活躍にも期待しているものです。

IMG_3153

さて、写真は北海道手稲駅前で撮影したドクターヘリですが、駅前から飛び立つのもので、ところ変われば広大な面積をカバーできる緊急医療として、基地病院を中心とした道央圏及び半径100Km圏内を運航範囲としているもので、平均飛行時間は50Kmで約15分、150Kmで約45分とのことです。

多くの患者を救うために、必要不可欠な医療提供しているものだと考えます・・・・