本日(4月4日)川口市高度消防救助隊が発足しました。

高度救助隊ワッペン


消防局4階の屋内訓練所において、奥ノ木市長から隊員章(ワッペン)が高度救助隊員に授与されております。

救助訓練  (2)

その後、高度救助資器材の説明がり、実際に画像探査機を使った救出訓練も同時に行われました・・・
救助訓練  (1)


















式典では議会を代表して挨拶させていただきました!



高度救助隊発足式



皆様には、日頃より市民の生命・財産を守るため、身の危険をも顧みず献身的に消防業務に精励されていることに対し、心から敬意を表する次第であります。
 
近年、災害の様相は、複雑・多様化し、日本各地で大規模な自然災害が発生し、大きな被害をもたらしております。
また、近い将来発生が予想されます首都直下型地震に備え、少しでも被害が軽減できるよう、万全の体制で備える必要があり、本日、発足する川口市高度救助隊は、災害救助に対して、特殊な機材を使用し、専門的な知識や技術を持つ人材により組織されるということで、誠に心強く思うところであります。発足後は、人命救助の最前線にたち、迅速に対応することを大いに期待いたします。

市議会といたしましても、市民が安心して暮らせる街づくりの推進に、今後とも全力で取り組んで参る所存でございます。

結びに、高度救助隊のみなさまには、消防の重要性を深く認識され、また、献身的な消防職員としての志を堅持し、訓練に励まれ、新たな決意を持って、一層精進くださるよう切望いたします・・・・・・・・・・・