09480a0d.JPG

本日5月24日は川口市指定無形民俗文化財に指定されている「安行原の蛇つくり」が行われる。

毎年のことだが、安行原の小清水、半縄、向原、中郷の方が集まり小雨の降る中行われました。内容は他のサイトに沢山紹介されており、私自身も過去に何度か記載させて頂いております。

どのサイトを見ても蛇の銜えるお札に五穀豊穣や無病息災、天下泰平を祈願すると書かれているが、江戸中期から伝わるお札にはそう記されているらしいが、現在では「世悪吞消」とも記され、世の中の悪行も蛇に消し去っていただく事も祈願している。

さて、小雨が降るなか行われたため、代表を務める沖田さん宅の車庫内で蛇を作成、トラックで欅のご神木まで搬送しての行事となった。
この蛇に私も今年一年の思いを寄せて見学させて頂きた・・・・・・・・・・