先週の我会派勉強会(研修会)で、平成22年度川口市の女性特有のがん検診推進事業対象者数をお示し頂いた。

川口市の同事業は〇匍楫曚ん乳がん(視触診とマンゴグラフィのセット)の2つを対象としております。また、子宮頚がんについては20歳から5歳刻みで40歳までとし、乳がんについては40歳から5歳刻みで60歳までを対象として検診を行うものです。

部局の説明によると子宮頚がん対象者数は20歳(2461名)・25歳(3207名)・30歳(3701名)・35歳(4665名)・40歳(4471名)と把握していた。
更に乳がん検診対象者は40歳(4471名)・45歳(3629名)・50歳(2819名)・55歳(2757名)・60歳(3962名)であるとのこと。

更に勉強会では子宮頚がんワクチン接種に全額公費負担による自治体も有り、川口市の今後の対応についてが焦点となり、行政側とのやり取りが続いた。結果的に4〜5万円程度の経費が必要となり現状では財源確保が極めて難しいことなどから今後の検討課題としたが、前向きに調査研究が必要である!