ae55744a.JPG

本日(5月7日)表題の協議会が午後1時30分より鳩ヶ谷市役所3階特別委員会室にて行われ、傍聴してまいりました。

協議事項(議案 第32号から43号まで)すべて承認された。また、提案事項(提案第41号から47号)も事務局から提案され、各委員が持ち帰って次回(第8回)までに検討してくることとなった。ここまでは質問があったが、順調に了承されたと考える。

さて、その後の展開であるが「合併の期日についての会長私案」が提示された。私を含めた傍聴者にもその私案がプリントにて提示された。(写真の通り)
この私案について各委員の意見が求められた。
12人の委員が発言をしていたが、その中で特に興味ある発言をした方の意見をここで紹介させて頂きます。

立石委員(自民党川口市議会議員団団長):団員に合併についての期日についてどう考えるか2週間前に訪ねた。17人の団員(議員)全ての意見を言えないが、鳩ケ谷市の思いも分かるが法定協議会に移るのであれば現状を提示し、川口市民に何らかの形で諮るべきではないのか?それから、法定協議会に移るべきではないのでしょうか・・・・・・・

岡村委員(川口市長):第8・9回で協議事項全ての審議が終わるので、6・7月に住民説明会を行うこと等を考えていきたいと思う。それにより9月市議会で法定協議会に移行するかどうか、審議することもできるのではないか・・・・・・・・

木下委員(鳩ヶ谷市長):私自身が合併推進を掲げ、市長に当選させて頂いた。今年10月の鳩ヶ谷市長選挙で、鳩ケ谷市民の合併に対する審判が下るのではないでしょうか。