eb1aac65.jpg

今朝も霜が降り寒さがこたえる朝となった。川口市内中心部とは違い、私の住む安行地区は 川口北東部に位置し 不景気といわれながらも戸建住宅の建設が進んでおります。(比較的求めやすい価格帯で販売されているようである?)とは言え まだまだ緑に囲まれた緑地や畑が点在する郊外であります。

さて、写真は今朝 母とネギを収穫したときのものであるが、分かりにくいがネギの長さが短く、スーパーで売られているものとは比較にならないお粗末なものである。しかし、このネギの長所は 農薬をまったく使用していないことが第1にあげられる。更に 土にケヤキの葉を使った腐葉土をふんだんに混ぜ合わせ 栄養分の高い土壌で作ったものである。安心安全な食物としては他に引けを取らないものと考えております!

更に付け加えると、実は長さが短いのは 土上げをもう一度行えばよかったものですが、作業の時間が取れず、寸足らずのネギの完成と成ってしまいました。(残念!) 専業で野菜を栽培ている方には叱られてしまいそうですが、世間では「貸し農園で野菜を作り食する行為」が流行りつつあり、私自身も畑で野菜つくりを数年前から始めております。自分の趣味としての耕作と業としての耕作では余りにも違いが大きいものであります。

腐葉土

日本の農産物の食料需給率を向上させるためにも 「少し高価な無農薬国産野菜を消費者が買い支えること」が 何より求められているのでは・・・・・・・・