2014年06月

川口市議会議長を辞任

議長室


昨年6月28日の6月市議会定例会におきまして、議員皆様方の多くのご支援を頂きまして、第66代川口市議会議長に就任をさせていただきました。

以来、議員各位のご支援ご指導、市長を始めとする理事者の皆様、多くの市職員の皆様方のご高配によりまして、約1年間議長職を全うする事ができました。

また、議会事務局の皆様には、この1年間蔭に陽に休む間も無くお支え頂きました。

就任当初は毎日が緊張の連続で有りました。
また、議長という立場で、市議会本会議は勿論ですが、市内・市外を問わず、様々な会議や会合催事ごとに出席をさせて頂きました。大変貴重な体験をさせて頂くと同時に多くの方と出会いもありました。このことは私の中で大切な財産となりました。

そして何より 貴重なご意見を頂きました、地元支援者の皆様を始めとする多くの市民の皆様の御蔭様を持ちまして 市議会運営ができました事に改めて感謝を申し上げさせていただきます。大変に有難うございました。


今後は一議員として、本市の発展と58万川口市民の福祉の増進に努めてまいりたいと思います。

多くの皆様に心から感謝を申し上げまして、辞職にあたり私の御礼の挨拶とさせて頂きます。
本当にありがとうございました。

市民ゴルフ大会

第43回川口市民ゴルフ大会が6月22日 市内の浮間ゴルフ場で開催されました。

当日 途中土砂降りの雨に見舞われ ハーフのみの競技に縮小されたものの、何とか最後の表彰式まで行うことができました。
 
大会主催者の公園緑地公社によりますと、「悪天候にも係わらず最後まで参加してくださいました皆様に心から感謝したい」と話されておりましたが、私自身もご参加いただいた皆様の寛容な態度に感謝したいものでした!

川口市民ゴルフ大会

ご入賞なされた皆さんおめでとうございました・・・・・

※写真は表彰式のもの

川口市立戸塚南小学校開校10周年記念式典

本日(6月21日)表題の戸塚南小学校開校10周年記念式典が行われ、市議会議長としてお招きに預かりました。
なお、有難いことに祝辞まで述べさせていただきました!

DSCN1616


〜平成17年4月に、戸塚小学校、及び戸塚綾瀬小学校から分かれ、自然環境に恵まれた、緑豊かなこの地で、歴史の第一歩を踏み出されました。
 
同時に、先進的な取り組みで、今日まで、立派な実績を積み重ねてこられました歴代の校長先生を始め、教職員の方々、そして、わが町の学校の発展のために、地域ぐるみで献身的なご尽力を賜りました保護者の皆様、地域の皆様に対しまして、深く感謝を申し上げる次第でございます。

 
これからも、児童一人ひとりの無限の可能性を伸ばすため、校長先生を始め、教職員の皆様には高い理想と情熱を持ってご指導いただくとともに、それを支える保護者、地域の皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。


そして、この恵まれた教育環境で、大切に育まれた児童の皆さんが、将来、自分たちの志した大きな夢の実現に向けて、はつらつと邁進し、素晴らしい社会人に成長していくこと、更には、これからの川口市を支えてくださることを、期待してやみません・・・・・・・・・・

命のリレー

救急2
(※写真と本文は全く関係ありません!)

今朝(6月19日)の出来事だが、70代半ばの男性を助けるための命のリレーが我家の前で行われた!

男性は心臓を患い数日前に病院を退院したばかりのようで、リハビリを兼ねてウォーキング途中に心停止を起こし、外環側道交差点で倒れたものと考えます(素人考えです)

庭の掃除をしていた私は様子がおかしいことに気づき現場に向かった。
交差点で信号待ちをしていた方が既に警察に連絡、私は電話を代わり 直ぐに119番通報した。

その後、通り掛かった看護師さんの指導のともに、気道の確保を的確に行った。次に交差点内のため患者の後方に車を止めたままにしていただき2次災害(事故)防止を図る。
 
看護師さんから「心臓マッサージできますか?」との問い、私はとっさに「元救急隊です!」と言い、患者に向き合った。さすがに、いくら元消防士といえども救助隊員一筋 救急隊員の経験がない私、しかも人間に直接心臓マッサージを行ったのは30年も前にたまたま乗り合わせた救急車での1回限りの経験、しかし、ここは人の命がかかっており、記憶の限りの心臓マッサージ(昔の記憶が蘇るものです!)を行ないました。途中看護師さんに交代して頂き、弱いながらも息を吹き返した。

通勤途中の方が次々と「私は看護師です。私は経験があります。私は警察官です。私は消防の救急隊員です」と、心肺蘇生の場に駆け寄っていただいた。

119番通報で「心配停止」と伝えたので、救急車と消防隊の連携で現場に駆けつけていただき、私達(多くの協力者)から受け継いで頂いた。
さすがに本職であり、テキパキと機敏に活動していた!現場で手動式人工呼吸器を装着、後にAEDを使い蘇生、ストレッチャーに収容後救急車に収容、救急病院に搬送したようです。

通勤途中でも時間を惜しまず 蘇生現場で頑張った方々は名前も言わずにその場から何時しか消えていった。

後に消防局から連絡が入り、倒れた男性は命を取りとめ、通いつけの病院に搬送される予定との連絡が入りました。

一人の命を救うために惜しみなく集まってくれた方々 「心温かい日本人の美しい行動」に胸が熱くなったものです・・・・・

川口市PTA連合会定期総会

PTA連合会


一昨日(6月14日)川口市PTA連合会の定期総会が開催され、市議会議長としてお招きに預かり出席して参りました。奥ノ木市長に続いてご挨拶の機会も頂戴いたしました!

PTA連合会2


〜子ども達の健やかな成長は、保護者の皆様の誰しもが等しく願うところでございます。しかし、現実には、子ども達が虐待や犯罪に巻き込まれる痛ましい事件が後を絶ちません。

よく、「子どもは地域で育つもの」、また、「子どもは社会の宝」という言葉がございます。文部科学省も懇談会などで、子育て支援における地域社会の力に注目をしているところです。

このような状況を鑑みますと、子どもたちの健全な成長を支えるためには、家庭、学校、地域の三者が密接に連携しあうことが、大変重要であると考えております。

そして、その三者の連携には、保護者の皆様と学校の先生方が率直に意見を交換し、情報を共有しあえるPTAの存在が、大変大きいものであり、今後益々重要な役割を担っていただいていくものと考えるところでございます・・・・・・・・・・

埼玉県スポーツ少年団夏季小学生軟式野球大会

 本日(6月14日)表題の埼玉県スポーツ少年団・夏季小学生軟式野球大会が川口市の青木町平和公園野球場にて開会式が行われました。
開催地の市議会議長としてお招きをいただき、ご挨拶の機会まで頂戴いたしました。

スポーツ少年団


〜埼玉県スポーツ少年団の関係者の皆様、並びに保護者の皆様には、日頃から、スポーツ少年団の活動を通じて、青少年の健全育成に対しまして、多大なるご支援、ご協力をいただき、心から感謝と御礼を申し上げます。

 また、本日の大会の運営に当たられております、「埼玉県スポーツ少年団野球部会」の皆様をはじめとする関係者の皆様のご尽力には、深く感謝申し上げる次第でございます。

 
さて、少年野球というスポーツは、体を動かす楽しさだけでなく、一つの目標に向かって、チームのみんなが力を合わせる「協調性」や、他人のミスを許し、みんなでカバーし合って乗り越えていく「寛容の心」など、人が心豊かに成長していくための大切な要素がたくさん詰まっております。


勝負の世界ですので、勝ち負けにこだわることも必要ですが、ひとたび試合を離れれば、ほかのチームのみんなも同じスポーツを志す仲間です。今日の大会を通じて、是非、新しい仲間作りにも役立てていただきたいと思います・・・・・・・・・

平成26年度社団法人川口市シルバー人材センター定時総会

本日(年6月12日)表題のシルバー人材センターの定時総会が開催され、来賓として出席して参りました。有難いことに祝辞の機会まで頂戴しました・・・・・

シルバー人材せんたー総会1


〜シルバー人材センター役員及び会員の皆様方におかれましては、常日頃から、高齢者の就業機会の拡大と福祉の向上、さらには、地域社会の活性化に対し多大なるご尽力を賜り、深く感謝とお礼を申し上げる次第でございます。

 さて、本格的な少子高齢社会を迎えております我が国で、高齢者の雇用の促進、各個人の能力や希望に応じた多種多様な就業機会の確保が益々重要になって参りますのは、言を待たないところであります。

さらに、厚生労働省の調査によりますと、わが国の高齢者の就業意欲は国際的に見て比較的高い水準にありますが、これは、経済的理由もさることながら、社会参加に対する意欲、就業を生きがいとする志向などが強いことが伺えるものであります。
 
こうした中、昭和56年にシルバー人材センター川口市高齢者事業団として設立以来、一貫して高齢者の「社会参加・生きがい提供の場」として、このシルバー人材センターが果たしてきました役割と貢献は誠に大きく、さらに、活力ある地域づくりにとりましても、たいへん意義深いものがあると思っております・・・・・・・・・・

 川口市身体障害者福祉会定期総会

創立60周年記念 平成26年度 川口市身体障害者福祉会定期総会が本日(6月8日)午前10時より青木会館市民ホールにて開催されました。
来賓としてお招きいただいた上に、ご挨拶の機会まで頂戴いたしました。

身体障害者福祉会総会

〜川口市身体障害者福祉会が創立60周年という記念すべき年を迎え、このように定期総会が盛大に開催されますことに対し、まずもって、心からお祝いを申し上げます。
また、当会の皆様におかれましては、長きにわたり、築き上げてこられた伝統と豊富な活動実績を生かし、自らの福祉の向上と、自立更正の促進に積極的に取り組まれ、着実に成果をあげられていることに対しまして、あらためて敬意を表する次第でございます。
 
さて、私たちの社会は、障がいを持つ人も、持たない人も、平等に基本的人権を享受する個人として、その尊厳が重んぜられなくてはなりません。
そうした中で、ここ数年、国において、障がい者福祉の関係法令が改正されたり、第3次障害者基本計画が策定されるなど、積極的に障がい福祉施策の見直しが行なわれております。これらにより、障がい者の皆さんが自らの能力を最大限に発揮し、社会への参加がより円滑にできるようになるものと期待するところでございます。

市議会としたしましても、障がい者の方々をめぐる環境を整備して生活の安定化を図るなど、こらからも安心して暮らせるまちづくりに向けて、積極的に取り組んで参る所存でございます。
 
結びに、川口市身体障害者福祉会の活動が、次の10年に向けて、実り多いものとなりますようお祈りするとともに、本日お集まりの皆様のご健勝、ご活躍を心から祈念申し上げ、私からのご挨拶といたします・・・・・・・