2013年11月

12月市議会定例会が開会しました

議会

平成25年第4回(12月)川口市議会定例会が昨日(11月29日)開会しました。

今議会に提案された市長提出議案は予算議案5件で、
一般会計において、土地開発公社健全化事業等に係る258億4,489万8千円の補正、特別会計で、国民健康保険事業をはじめ3会計、7億1,353万6千円の補正、企業会計で、病院事業会計、2億4,737万7千円の補正案です。

条例等の一般議案は23件で、
「川口市立青少年センター設置及び管理条例の一部を改正する条例」などの条例議案6件、財産の取得議案1件、専決処分の承認議案2件、公の施設の指定管理者の指定議案4件、市道路線の認定議案4件、川口市土地開発公社定款の一部変更議案1件、地方債の起債に係る許可の申請議案1件、人事議案3件、新庁舎の建設位置の同意議案1件です。

川口産業功労表彰

産業功労表彰式

昨日(11月27日)表題の川口産業功労表彰式が川口駅前市民ホール(フレンディア)で開催され、市内の企業に勤める産業界を力強く支え続けていただいている皆さんを功労表彰したものです。
さて、多くの工場を擁する川口市は早くから、産業の街として発展しております。これまで本市の産業が雇用の機会をつくりだし、街に活気を与えてきたもので、これからも本市の産業が市民に果たす役割は大きいものと考えます。
産業文化都市かわぐちを支える重要な担い手として、これからもご尽力いただき、受賞者の皆さんの技術・技能が将来にわたって伝承され、新たな人材の育成とわが街 川口の活性化に繋がっていくことを願っております・・・・

第113回川口市少年軟式野球大会連盟会長杯争奪戦

少年野球 (2)


本日(11月4日)行われた表題のこの大会は113回を数える伝統ある大会であり、真剣にプレーに専念して素晴らしい試合をみせてくれる選手、日頃より陰で大会を支えてくださっている方々に感謝を申し上げます。 
 参加された選手の皆さんは、野球を通じて、得られる友情・規律、チームワークの大切さを学ばれた「川口の希望の星」だと考えます。
選手の皆様は、野球をとおして多くのことを学んでいます。それが「ルールを守る」ことであり、「友達の作り方」「チームワークの保ち方」であります。
 野球は勝負も大切でありますが、試合以外での大切なことはたくさんあります。
試合が終わった後も、勝者はおごることなく、敗者は自信を無くすことなく、また明日からますます練習に励み、次回の対戦を楽しみ、夢に向かって一生懸命プレーしてください。

この大会が、これまでの練習と試合の成果を発揮され、皆さんの「明日の力」になることを期待申し上げます・・・・・・

少年野球 (1)

※写真は開会式での挨拶(上)、始球式(下)

さちなみかん

さちなみかん写真は川口市幸並中学校開校60周年記念マスコットキャラクター「さちなみかん」グッズ。

昨日(11月2日)に行われた記念式典でいただいたものですが、家庭科部の手作りだそうです。

さわやかなイメージのある「みかん」と幸並中学校のイメージとを重ね合わせると同時に学校のシンボルであるヒイラギの葉を頭につけたものだそうです。

学校行事によく参加させていただきますが、生徒の手作り土産をいただいたのは初めてかと思います。

心のこもった式典であったことを記憶にとどめると同時に、伝統ある幸並中学校が益々発展し、地域社会の繁栄に寄与されますことを祈念申し上げたいと思います・・・・・