2013年04月

メゾンめだか沙羅の木 開所

2013043010400000安行原地内に『社会福祉法人めだかすとりぃむ』の二つ目となるケアホーム『メゾンめだか沙羅の木館』の竣工式並びに開所式が本日(4月30日)とり行われた。
式典にはこのケアホームを温かく受け入れた、町会長を始めとする地域の協力者の皆様や関係各位の方々が参加しておりました。私も「めだかすとりぃむ」の隣家と言うこともあり、ご案内をいただき参加してまいりました。

さて、写真はこのケアホームの名前にも由来する『沙羅』の樹を玄関前に記念植樹したときのものです。

体にハンデがある方も地域で一緒に安心して暮らしていける環境づくり、この開設により 入居する利用者の新生活の場所として 記念すべ日となったもので、この日をどんな思いで迎えたか、言葉では言い表せないものだと推察いたします。

これからこのケアホームから元気に作業所へと通って頂きたいものです・・・・・

今年もグリーンロード・ウォーキング実施

IMG_2761川口市では26回目となるグリーンロード・ウォーキング(GREEN ROAD  WALKING)が本日 開催された。これは毎年ゴールデンウィークの4月29日に川口市農業青年会議所が行う行事として定着しております。

今年のコースは戸塚安行駅を出発して、お女郎仏・北原台公園・東沼神社・川口自然公園・見沼東縁・木曾呂の藤塚・神根後援・見沼東縁・グリーンセンター正門前・新宿駅前の消防小屋で、完歩者には花鉢を記念に差し上げることになっています。

さて、写真は交通誘導を行う主催者のメンバー、地面に地図を広げ出発前の最終確認を行っておりました。普段は緑化や野菜に携わる者だけに、この一日は普段と勝手が違うようで、入念に打ち合わせを行っておりました。

彼らの日やけした顔からは、自然の素晴らしさを味わうとともに、育てている自慢の花植木等を横目に見ていただく事を訴えているようで、とても頼もしい限りです・・・・・・・・


グリーンロード


ピーチパイン

IMG_2739写真は先日食した[ピーチパイン]です。妻の会社から頂いてきたもので、普通のパイナップルと違い、名前の通り桃のような色をしたパイナップルだと思っておりました。

食感は、石垣島に出かけたときにダイバーさんから「美味しいから食べてみなさい!」と言われ食べた時の甘く柔らかな味と同じ触感を夫婦で思い出したものです。「〜さすがに普通のパイナップルと違うねぇ〜ピーチパインもいけるじゃん!」こんな会話をしておりました。

さて、後で詳しく調べてみましたが、ピーチパインとは、沖縄原産のパインの名称だそうで、完熟の実からは桃のようなあまい香りがすることから、ピーチパインと呼ばれているらしいもので、薄い白っぽい果肉が特徴的な沖縄原産の新品種です。(平成8年に初めて登録、公表された)
なお、ピーチパインの栽培には酸性土壌が適しているために、石垣島・西表島・沖縄本島北部で作付されているらしく、甘味(糖度)の高いパインです。 とのこと。

このことを妻に話したら、「私達の味覚ってあっているのだ」と自信ありげに言い返されたが、ピーチパイン=沖縄本島北部のパインと言うこと自体知らなかったのに・・・・・・・・・・

平成25年度 全国学力・学習状況調査が終わった

IMG_2760

小学6年と中学3年を対象にした文部科学省の全国学力テストが昨日(4月24日)、一斉に行われた。

『デジタルニュースによれば、4年ぶりの全員参加で、国公私立計3万962校、約228万7千人が参加。昨年度は理科が初めて実施されたが、今回は従来の国語と算数・数学。
なお、2007年に全員参加で始まった全国学力テストは、民主党政権の発足を受けて10年から抽出方式になった。教育現場からは全員参加を望む声が強く、政権復帰した自民党は全校の状況を分析することを目的に、来年度(2014年度)以降も全員参加にする方針』。

さて、写真は息子が学校から持ち帰った平成25年度 全国学力・学習状況調査の問題です。本人が言うには「良くできたよ!」とのこと。
内容的に確認してみると、問題用紙にあれやこれやと記述されている事を確認したが、結果が出るまで親としては心配なものです(結果は8月にでるそうです)。
妻とともに昨晩文部科学省のホームページから回答を引き出し 採点してしまいました!  

結果は・・・・・・・・・・・・

ご当地(川口)ナンバー

御当地ナンバー川口市のホームページによれば、ご当地ナンバー導入に向けた導入に向けた準備を進めているとのこと。
国土交通省の「ご当地ナンバー制度」(第2弾)の公募を受け、「川口」ナンバー導入の是非について無作為で抽出した市民5,000人を対象に調査を実施したようです。

さて、導入する地域において、自動車登録台数が10万台以上であることが応募条件の一つだそうです。
川口市の登録台数は、平成24年3月31日現在183,919台で、埼玉県全域の6.9%、埼玉運輸支局管内では21.2%となっています。

※ご当地ナンバー制度とは、地域振興や観光振興の観点から新たな地域名表示を認める制度で、第1弾として平成18年度から20年度にかけて実施され、今回の募集は第2弾となります。

なお、第1弾で誕生した「ご当地ナンバー」は、仙台、会津、那須、高崎、成田、柏、川越、つくば、諏訪、金沢、岡崎、豊田、一宮、伊豆、富士山、鈴鹿、堺、倉敷、下関

運転免許書の更新をしました

教本昨日(4月22日)自動車運転免許の更新手続きを警察署で行いました。今度の運転免許書の有効期限は5年で平成30年まで有効となるもので、取りあえず生活に必要な運転免許書の更新ができたことに胸をなで下ろしております。

普段の生活では何の問題も有りませんが、実は最近パソコンを長時間眺めたり、前日にお酒を多めに飲んだりすると、翌日 視力が落ちている事に気付いております。(視力・深視力検査に不安が有りました)

さて、写真は更新時の講習で頂いた資料と冊子ですが、「わかる身につく交通教本」に最新の道路交通法改正がトピックスとして分かりやすく説明されております。5年に一度の更新時に改めて交通ルールを学び直す良い機会です。

昨晩布団に入り、もう一度この教本を手に改正点を読み直したら、何時の間にか寝込んで朝を迎えておりました・・・・・・・・

一輪草祭り

        IMG_2753                IMG_2755
        IMG_2759       ホタル

川口市安行原 赤堀用水沿いの一輪草自生地で「一輪草祭り」が本日(4月20日)開催されました。

写真は一輪草を保護する「安行みどりのまちづくり協議会小林会長」、来賓として挨拶する「岡村幸四郎川口市長」、特設ステージで祭りを盛り上げる「安行中学校合唱部」、トンボ池にホタルの幼虫を放流する「岡村幸四郎市長」です。

このところ温かい日が続いておりましたが、昨日今日と冬に戻ったかのような寒さの中での催しとなり 人出が心配でしたが、一輪草の開花を楽しみにしている方で賑わったようです・・・・・・・・・・

育児休業3歳までの発言

今日(4月19日)の新聞一面に『安倍首相が女性や若者の雇用・就労に関して経済会に要請する内容が明らかになり、その内容が記載されていた』この中で、育児休業を3歳になるまで、男女ともに育児休業や短時間勤務を可能にするよう要請する旨の記事に目が止まった!

現社会おいて、子どもを保育園に預けて仕事をしたくとも、現状では生後半年から3歳までの入れる枠に不足が生じ、待機児童解消が問題となっている。
これは全てが不足しているのではなく、4歳児からは幼稚園に入園する子どもと保育園の受け入れ人数に若干の余裕ができているのが現況ではないでしょうか?

さて、安倍首相の記事に戻りますが、我家では息子を7カ月から無認可保育園、1歳から認可保育園、4歳から幼稚園と預けた経験から、「3歳まで子どもの側に何時もいられれば一番良い子育てができるね!うちもそうしたかったね」と朝から話が尽きないものでした・・・・・・・・・・

みずのお料理

ミズ写真は青みずと湯葉をからめた一品料理!これが実に美味しものでした。

ただでさえ貴重な山菜 青みずがスーパーで御惣菜として販売されておりましたので、迷わず買って参りました。

最近 体調管理に余念がなく、健康食品と言われればなんでも摂取するよう心がけております。そのお陰か、季節の変わり目に体にできる発疹まで姿を現さなくなりました。食べ物の好き嫌いをしている様では健康を守れないことに気がついた今日この頃です。

さて、季節の変わり目は体調を崩す方が実に多いものです。先週の寒さでは風邪をひいた方が多いようで「グシュン・ズルズル」と鼻をこする方が多かったように感じております。(私の周りの議員さん達も体調を崩しておりました!)

今週前半は溜りにたまった畑仕事を行いましたが『実に気持ちの良い汗をかきました』と言いたいところですが、実際は体中筋肉痛です。今週後半は体調管理と やはり溜りにたまった事務処理に追われそうです・・・・・・・・

盗難にご注意!

IMG_2750写真は昨日(4月15日)庭先の圃場に植えた花水木、昨晩風が強く、倒れていないか 今朝一番で確認したところ、何と倒れていることに気が付きました。

更に側に寄って状況を見てみると、何と盗難に遭うところでした。何者かにより地面から引き上げられようとした様子です。
ところが、水植(根鉢に水を回し植えこんだもの)したために、根鉢にしっかりと水分を含み相当の重さがあったために、写真からも分かりますが、引き抜くことが出来ずにあきらめたものと推測できる状態でした。

さて、今時植木泥棒がいるのかと不思議におもいますが、実は数年前にも植えたばかりの花水木を毎日のように1・2本ずつ数十本にわたり 盗まれたことがあります。時期も丁度4月半だったことを思い出します。以前は業者の仕業と思われますが、今回は盗難までには至らなかったにせよ、一般の人の仕業と考えられます。

十数年育てた樹木を盗まれると 悲しい気持ちで一杯ですが、今回もそれと同様、大変な思いをして堀上移植しただけに 同じ思いにさせられるところでありました・・・・・・・・・・・