2013年02月

お米の食べ比べ

IMG_2708

先週、写真の「さがびより」なるお米を妻が購入してまいりました。今まで新潟産のコシヒカリが一番だと思い続けてきましたが、どうやら日本のお米が次々に品種改良され地域ブランドが続出しているようです。

我が家では毎回違うブランドのお米を購入し、食べ比べをしようということになりました。その第1弾として「さがびより」を試しております。

キャッチでは、【米のうまがさがの誇り】、【町で噂のばい】、【もっちりつくりさがびより】、【甘いいツヤ、良い香り】、【りょう自慢も選ぶ米】このフレーズで選んでみました。これから、圧力鍋、電気窯と炊いてみます!

さて、日本の政治はTPP参加か否かで農業問題がクローズアップされていますが、関税問題を除けば、日本の農産物にかなうものがないと私自身は信じております・・・・・・・・

今年の「明るい街づくり運動推進大会」

明るいまちづくり1

今年(平成25年)の川口市明るい街づくり運動推進大会が3月2日(土)午後2時(午後1時30分開場)で川口総合文化センター リリア4階音楽ホールで開催されます。写真は市役所の案内チラシです。申し込みは不要との事ですので当日入場できるようです。

さて、内容ですが、第1部として、
・青少年保護育成本部表彰
・「作文コンクール」表彰(最優秀作品朗読)
・大会宣言

第2部 記念講演として、
 花田 景子 氏 (貴乃花部屋 女将)が「母として、妻として、女将として」
〜青少年の健やかな成長を願って〜を演題にご後援を頂けるそうです。

※入場無料 手話通訳つき(満席の際はご入場できない場合があります)
※第2部の未就学児の入場はご遠慮ください。

私は当日日程が調整できず不参加となるかも知れませんが、みなさんご参加ください・・・・・・・・

叙勲の祝賀会に思うこと

昨日(2月24日)秋の叙勲で瑞宝双光章の栄に浴された「小島明」様の栄誉を慶祝する祝う会に参加させていただいた。

叙勲2

叙勲3


小島様は私の地元(安行)で昭和44年に27歳の若さで特定郵便局を開設、長きに渡り地元に貢献なされてきた方で、同会にご列席なされた皆様とともに叙勲の受賞を祝福させていただきました。

さて、ご本人の豊富な経験と見識は言うまでもないが、小島様ご夫妻の挨拶でいつまでも中の良い夫婦愛が感じられ、私自身目頭が熱くなるものでした・・・

小島様〜「今日までやってこられたのは、私の体に気遣った妻のおかげです。感謝しております」

奥様〜「主人がこうして今日までやってこられたのは、主人を支えてくれた局員の皆様のおかげです。有難うございます」

このご夫妻のお陰様で、誰からも信頼され親しまれる安行郵便局を築いて頂いたことに感謝したい・・・・・・・

川口市の太陽光発電補助金締め切り近し

太陽光発電・第2期の申請受付は2月28日までです。

IMG_2360

                                   ※写真と本文は関係ありません

お知らせです。
川口市の太陽光発電補助金の締め切りが迫っております。来週の水曜(2月27日)までのようです。以下市ホームページのお知らせを転載いたします。

〜川口市地球高温化対策活動支援金【太陽光発電システム・第2期】の申請受付は2月28日までです。


第2期の受付締め切りは2月28日(木)17時必着です。

締め切り後の受付は出来ませんので、申請をお考えの方はご注意下さい。


《太陽光発電システム》

○太陽光発電システムの申請期間は、「受給開始予定日」(注1)によって区分されます。

東京電力(株)川口支社との

受給開始予定日(注1)が

下記期間のもの

川口市支援金

申請受付期間

(必着)

第1期4月1日〜9月30日※終了しています
第2期10月1日以降2月14日〜2月28日


(注1)東京電力(株)川口支社の「電力受給契約のご案内」に記載されている日となります。

■提出方法  提出方法は窓口に持参するか郵送のいずれかとなります。


第2期の受付締め切りは、平成25年2月28日(木)17時必着です。

【窓口】朝日環境センター リサイクルプラザ棟3階(川口市朝日4-21-33) 平日9:00〜17:00

【郵送】直接窓口に提出できない場合は、簡易書留や宅配便など提出書類の所在が確認できる方法で送付してください。

 ※宅配便等で送付される場合は、配達日を業務日(祝日を除いた月〜金)にご指定ください。

     ※申請書の申請日については、受付期間内の日付で申請してください。


■交付対象となる活動

戸建住宅(一戸建ての住宅であって、居住以外の用に供する部分がない住宅を言う。集合住宅、店舗兼住宅は原則対象外。)に太陽光発電システムを設置、または同システムが設置された新築の戸建住宅を購入し、電気事業者と電力受給契約を締結のうえ、同システムを継続して使用する活動。(増設は対象外です。)

※設置されている同システムは次に掲げる要件を満たすもの


・財団法人電気安全環境研究所(JET)の太陽電池モジュール認証を受けたもの
・太陽電池の定格出力の合計が1kW以上 


■支援金の額  1システム 100,000円

■支援件数 
 
第1期150件(補欠+15件)※終了しています
第2期200件(補欠+15件)


※申請が支援件数(200件)を超えた場合は、要件を満たしている申請の中から抽選となります。

■提出・添付書類

1. 支援金交付申請書(様式第1号)PDF文書PDFファイル(33KB)

2.領収書の写し

3.設置状況の写真(設置前と設置後:設置前と設置後の写真は、システムの有無が確認できるものを添付してください。また、設置後の写真として、システムが入っている建物全景の写真も併せて提出してください。)

4.東京電力(株)川口支社の「電力受給契約のご案内」の写し

5.出力対比表の写し(または、設置機器の規格等の内訳がわかるもの。カタログ・見積書は不可)

6.承諾書(建物の名義が共有等の場合)PDF文書PDFファイル(10KB)

微小粒子状物質(PM2.5)について

川口市ではPM2.5について計測を続けております。ホームページに環境部から測定結果が掲載されていましたので転載いたします。


微小粒子状物質(PM2.5)とは粒径2.5マイクロメートル以下の微粒子です。

粒径が非常に小さく、肺の奥深くまで入りやすいことなどから、人の健康に影響を及ぼすことが懸念されています。
 
日本での環境基準(※1)は日平均値で1立方メートルあたり35マイクログラム以下、年平均値で1立方メートルあたり15マイクログラム以下です。

※1 環境基準は行政上の目標値であり、この数値を超えてもただちに健康影響が生じるものではありません。

川口市では平成24年2月から神根測定局(川口市神戸461)で、平成25年2月からは新たに南平測定局(川口市東領家2-27-1)でも微小粒子状物質を連続測定しています。

川口市の最新(平成25年2月20日)の測定結果(日平均値)は以下のとおりです。

 

大気中の微小粒子状物質(PM2.5)の濃度
 測定局名
 大気中濃度

(マイクログラム/立方メートル)
 
南平測定局
 8.3
 
神根測定局
 6.6
 
(担当部署:環境保全課 電話:048−228−538)

飲み比べ

2013021821240000

先週のバレンタインに妻からウイスキーを頂いた。
写真がそのウイスキーですが、良くご覧いただくと分かると思いますが、実は全てミニチュアボトルです。内容量も一本当たり50ml、全て合わせても200mlと少量であり、飲み比べ(味の)をするのには丁度いいものです。

さて、過去のことですが、昔(20年程度前)ミニチュアボトルを集めていた時があり、コレクションボードには沢山のボトルをキープしていたことを思い出す。当時は収集が目的であり、ウイスキーの味は全く興味がなかったものです。現在では、収集する事には全く興味がなく、たまにだが、蒸留ウイスキーの奥深い香りと味を楽しんでいます。

時とともに趣向が変わるもので、私自身の性格も年とともに少しずつ代わっているようです。妻が言うには「怒りっぽくなった」とキツイ一言!穏やかな気持ちで人と接する事に注意が必要だそうです・・・・・・・

沼田の物産展

沼田物産展


川口市のホームページによれば、群馬県沼田市観光交流課主催による「上州沼田の物産展」が平成25年3月15日(金)、16日(土)、10:00〜16:00までの間、川口駅東口公共広場(キュポ・ラ広場)において開催されるとのこと!

内容的には沼田市の物産品販売、「足湯」の無料体験、雪のすべり台、観光情報PRコーナー等のイベントの様です。

昨年のこの催しでは、沼田市から雪が運ばれ、子供たちが遊べるものとなる予定であった。
しかし、残念ながら、この日に雨が降ってしまったために子供たちが思う存分雪遊びができなかったと記憶している。天候的な事はどうにもならないが、せっかく沼田市観光協会の皆様の素晴らし企画であることから、好天に恵まれることを祈ります・・・・・・・・

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金生活に不自由(金銭)をきたしている方へのために埼玉県社会福祉協議会では不動産担保型生活資金の貸付を行っているようです。

この制度は、一定の居住用不動産を所有しており、将来にわたりその住居に住み続けることを希望する高齢者世帯に対し、当該不動産を担保として生活費を御融資するものです。申し込みには色々と条件がありますが、これから高齢社会での生活を応援するためにもこの様な施策が大切であり、条件緩和が望まれます・・・・・

【申し込み条件】
借入申込者が単独で所有(同居の配偶者との共有を含みます)する不動産に居住している。(マンションは対象外です)で居住用不動産に賃借権等の利用権及び抵当権等の担保権が設定されていない。
 また、配偶者または親以外の同居人がいない。世帯の構成員が原則として65歳以上である。借入世帯が市町村民税の非課税世帯または均等割課税世帯程度の世帯である。土地の概算評価額が1,500万円程度以上であること。

貸付限度額〜居住用不動産(土地※)の評価額の70%程度
貸付月額〜月額30万円以内(臨時増額が可能です) 月額については、1か月の生活費として真に必要な額

川口市のゾーン30規制

地図
川口市では生活道路の交通安全対策を図るため、ゾーン30規制(生活道路のおける最高速度30キロ規制)を進めてきておりますが、来月(平成25年3月)から上記の地図通りに順次実施する事になった。なお、速度規制は標識が設置された時点から開始となるとのことです。
平成25年度実施区域
南鳩ヶ谷1丁目地区及び南鳩ヶ谷4丁目地区の鳩ヶ谷2地区の一部地域、
これに隣接する朝日4丁目地区の一部を含めた3地区
※下の図は市内のゾーン30等規制区域

ゾーン30

自民党川口支部大会(25年)

ふくびき表題の平成25年自民党川口支部大会が2月11日にリリア音楽ホールで開催された。毎年の事だが、支部の支部員総会と言うべき大会である。

事業報告が行われた後、『党員も一人ひとりが国に対して、社会に対して、人に対して「何ができるか」を見つめ直し、我が国を大きく盛り上げていく事』を大会決議として可決された。(決議文抜粋)

その後、会場を移して、大懇親会が展示ホールで行われ、支部委員相互の親睦が図られたものと考えます・・・・・・・・・

※写真は福引で抽選番号を発表した時のものです!