2012年12月

意見書の提案

意見書提案


写真は12月議会で議員提案として「予防接種法の早期改正で世界保健機関推奨のワクチン接種を保障することを求める意見書」が採択され関係各所に送られた。提出者(議会運営委員長)とし提案理由の説明をさせていただいた時のもです。!

『予防接種法の早期改正で世界保健機関推奨のワクチン接種を保障することを求める意見書』

ワクチンで防げる病気はワクチンで防ぐことが世界的な考え方であり、世界中で広く、ワクチン接種が定期的に行われている。 しかし、わが国は世界保健機関が接種すべきと推奨しているワクチンが、今も定期接種となっていない現状にある。そのため、ワクチン接種をせずにVPD(Vaccine Preventable Diseases=「ワクチンで予防できる病気」)に罹患し、命を落としたり、重い後遺症に苦しむ子どもたちがいる。
 現在、国では予防接種法の改正のための作業が進められており、すでに公費助成が導入されているヒブ、小児用肺炎球菌、子宮順がんのワクチンを優先して定期接種化するとの見解が示されているが、現時点では具体的な時期等も確認できていない。また、現行の3ワクチンに対する臨時特例交付金は今年度までとなっており、来年度以降に継続されるかどうかも不透明な状況である。
 さらに、現行の予防接種法の枠組みで3ワクチンが定期接種となった場合、市町村の財政事情によって自己負担を求める可能性があることから、地域格差、経済格差、情報格差なく、等しく未来ある子どもたちの命をまもるために、無料で定期接種を受けられるようにすることは国の責務である。
 よって、国においては速やかな予防接種法の改正と、改正までの間の現行の助成制度を継続していくこと、並びに、定期接種化により増大する接種費用の負担、財源の確保は、国の責任において行っていくことを強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定にもとづき意見書を提出する。

提出先:内閣総理大臣、財務大臣、更生労働大臣、参議院議長、衆議院議長 様
提出者:川口市議会議長
議会提出者:川口市議会議員 宇田川好秀

今年の出来事 その2

日光社参祭

私個人の事ではなありませんが、川口市の大きな出来事と言えば、11月11日に川口市と鳩ヶ谷市の合併1周年を記念し、新市の一体感の醸成と郷土愛をはぐくむことを目的に、川口・鳩ヶ谷を結ぶ日光御成道を舞台に「川口宿・鳩ヶ谷宿 日光御成道まつり」が開催された。その沿道には、川口始まって以来の約18万人にも及ぶ観客にご来場頂きました。

写真は徒組頭役に扮した私ですが、同僚の市議会議員とともに日光御成り道を川口と鳩ケ谷の歴史を振り返りながら歩かせて頂きました!

さて、この祭りの成果については、市政運営に生かすべく、更なる地域の一体感を醸成と川口市の経済の活性化が図れることを期待したい。
なお、このお祭りの収入の大半は実行委員会に寄せられた皆様からのご支援です。来年度以降の開催については開催を続けることによる経済効果も期待できるが、経費面や警備等の色々な問題もあり、次回開催は未定の様です。

市民の皆様のご意見を伺いながら判断する事になりそうです・・・・・・

今年の出来事!


2012122807030000駅頭で市政レポート配付に自転車で乗り付けた!

早朝の寒い中にも関わらず、コートのポケットから手を出し市政レポートを受け取って頂いた方、手袋を外して受け取って頂いた方、笑顔で受け取ってくれた方、それぞれに感謝いたします。



入院 (2)一方、駅頭で立っている事が非常につらい。実は8月に腰部脊柱管狭窄症で右下肢痛(右足が動かない状況)による椎弓切除術(椎弓の一部を切除して窓をあけるように開窓術で神経に対する圧迫を解除)とヘルニアの切除を同時に行った。入院 (1)

このことから過去には駅頭で2〜3時間活動し続けていたが 今では1時間が限界である。(最も立ち続けることができるようになったこと事態手術の成果である)
駅頭活動で腰を痛めただけに駅前に立ち尽くすことへの恐怖は払拭できない。しかし、市議会や市政の報告をするのも議員としての義務であり、その内容をお知らせする紙(レポート)を受け取って頂ければこそ、寒い中でも頑張れるものです。

さて、昨日(12月28日)で役所も御用納めとなった。私自身も日中は家事をこなす等普段できない事を今日から始めております。明日明後日と2日間でどこまで片付けられるのか・・・・・

※手術に際し、執刀医の配慮により 議会事態を一日たりとも休まず完治できたことに感謝したい!

市議会レポート配付


宇田川よしひで市議会ニュース

平成24年12月 4回川口市議会定例会も先週の20日に閉会した。その内容を少しではあるが「宇田川よしひで市議会ニュースvol.39」としてまとめてみました。

さて、12月議会に提出された議案は、予算議案6件、その内訳は、条例等の一般議案29件です。
予算議案につきましては、一般会計において、福祉手当給付事業等に係る8億9,105万円の補正を、また、特別会計では、国民健康保険事業をはじめ3会計、1億2,656万円の補正を、企業会計では、水道事業をはじめ2会計、1億2,950万9千円

一般議案については「川口市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例」などの条例議案11件、契約議案1件、財産の取得議案2件、訴えの提起議案2件、専決処分の承認議案2件(総選挙分1件を含む)、公の施設の指定管理者の指定議案1件、町の区域を新たに画する議案1件、市道路線の認定・廃止議案8件、人事議案1件です。なお、人事議案の内容といたしましては、川口市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について1件です。

また、専決処分の承認議案のうち1件は、衆議院の解散に伴う選挙費用に係るもので、解散が12月定例会直前であったため、議案を追加分として提案されました。

報告事項については1件で、その内容は、公用自動車による外壁損傷事故に係る損害賠償の額を決定する専決処分の報告です。

冬の必需品

ホッカイロ写真はホッカイロ!今朝大小合わせて4個のカイロを袋から取り出し寒空の下活動開始です。
先ず両肩に一つずつ張り、腰にも一つ、そしてポケットに一つ隠し持つ。これでも真冬の北風には寒さがこたえる今朝の通勤時間帯でした。

さて、使い捨てカイロが何時から普及したのか記憶にないが、昔 祖父が白金カイロ(商品名)を懐に忍ばせていたことを思い出す。ベンジンをタンクに注入するものだと頭の片隅に記憶しているが、時代とともに使い捨てカイロへと移行したものです。今では洋服やシャツに直接貼り付けるものが主流の様ですが、従来の手でもんで温かさを保つタイプも捨てたものではありません。

「もったいない!」この言葉を忘れていないでしょうか?一度貼ったら終わりになるカイロではなく、できるだけ再利用できるものを使いたいものですが、物が溢れる日本の現状では忘れかけているやに思われます。

私自身 何気なく使っている使い捨てカイロ、せめて貼り付けるタイプではなく、着替えても1日中再利用できる手でもむタイプを使うことから始めたいものでした・・・・・・・・

洗濯機に携帯電話を!


携帯電話

携帯電話を洗濯機で洗ってしまった!
今朝 駅頭活動から帰宅したら 妻が洗濯機を回していたため、急いで着ていたトレーニングウェアを投げ入れた。慌てていたのかポケットに携帯電話を入れたままで、気が付いた時には既におそし、水の中からトレーニングウェアを取り出し 携帯電話をポケットから・・・・・・・

今日は天気も良く日差しも強い、窓際に電話機をとりあえず干すことにした。夕方には取り込んだが何とか使えそうな状況!よくよく考えてみたが、トレーニングウェア―は当然防水なのでポケットに入れファスナーを閉めてあったため比較的濡れていなかった様です。

さて、今日一日電話の電源が切れていた状況、私に用事があったであろう方には電話が通じず ご迷惑をかけたことと反省しております。
今では携帯電話が生活の一部になってしまっている以上この様なことが無いよう気お付けなければならない・・・・・・・・・

年末年始特別警戒

年末警戒今年(2012年)も残すところ7日になりました。色々なことがありましたが、月日の経つのは早いものであっと言う間の一年でした。

さて、本日から私の地域(川口市安行)では消防団による年末年始特別警戒が始まりました!
写真は第1回目の夜警を済ませて消防団車庫にポンプ車を収納する時のものですが、今晩は9時半ごろから第2回目の夜警を行うとのことでした。

「お休み前には火の元にご注意願います。こちらは川口市消防団第8師団です」とのアナウンスが今夜から2週間続きます。

安心・安全な街づくり、消防団の皆様本当にご苦労です・・・・・

餅つき

かまど

本日(12月23日)親戚で「餅つき大会」が開催された。例年行事としてご近所の皆様には定着した餅つきである。昨日から準備をして、今日の6時半にかまどに火を入れたとのこと。

さて、お餅の数量はともかく、地域の皆さんが次々来てはご挨拶をしてお餅を召しあがって行かれる姿には驚かされる。横で焼きそばも焼いていたが、作日の準備から焼きそばだけでも200食を作ったとか!

ともかく個人の家でこれだけ盛大に餅つきを行うのも大変なことである。準備と後片付けを考えても丁度3連休の中日に行うことも理解できる。

何時まで続けられるのか分からないが、ご主人が元気なうちは毎年楽しみに参加させていただくことにする・・・・・・・

年末年始のゴミだし

川口市のホームページにゴミ収集のお知らせが掲載されておりましたのでそのまま貼り付けます。皆さんお間違いのないように・・・・

年末・年始 ごみ収集のお知らせ

川口市

※印刷用と英語版のチラシにつきましては、こちらからダウンロードしてください。

ごみの種別

収集日

年末

年始

一般ごみ・有害ごみ

月・木曜日
(収集地区)

12月31日(月)まで

1月7日(月)から

火・金曜日
(収集地区)

12月28日(金)まで

1月4日(金)から

プラスチック製容器包装

12月26日(水)まで

1月9日(水)から

びん・かん(飲料かん)

ビンかん

12月28日(金)まで

各地区の収集日に

合わせて収集いたします

1月4日(金)から

各地区の収集日に

合わせて収集いたします

ペットボトル・繊維類

ペットボトル繊維

金属類・紙類

金属類新聞紙

乾電池
(市内全228ヶ所の拠点)

乾電池

各拠点施設の開館日によります

○ごみ・資源物は正しく分別してください。
○収集日の朝8時30分までに出してください。前日の夜には出さないでください。
○事業所のごみは家庭ごみ収集場所(一般ごみステーション・資源物ステーション)には出せません。(自己搬入するか許可業者に処理を依頼してください)

○年末年始の受付(自己搬入)

・年末・・・12月29日(土)及び31日(月)まで
・年始・・・ 1月 4日(金)から
・受付時間・・・9:00〜11:30/13:00〜16:00

○自己搬入について

※朝日環境センターでの自己搬入について

朝日環境センターでは、混雑緩和のため、ご家庭から出る粗大ごみの受け入れを12月29日(土)、12月31日(月)に限り特別に行います。

通常、朝日環境センターでは処理施設がないため粗大ごみの受け入れはしておりません。

持ち込める量は100kg以下で概ね5点までとさせていただきます。


※戸塚環境センターでの自己搬入について

戸塚環境センターでは、年末年始の自己搬入は大変混雑し、毎年ピーク時には2〜3時間お待ちいただく状況です。

周辺道路の交通渋滞を招き、近隣住民の方のご迷惑にもなりますので、年末年始の持ち込みはできるだけご遠慮くださいますよう、ご協力お願いいたします。


※鳩ヶ谷衛生センターでの自己搬入について

鳩ヶ谷衛生センターでは、粗大ごみのみの自己搬入の受け入れを行います。一般ごみ、資源物の搬入はできません。

○粗大ごみ収集のお申し込みについて

・年末・・・12月28日(金)まで
・年始・・・ 1月 4日(金)から
・受付時間・・・9:00〜17:00まで
・粗大ごみ受付専用ダイヤル・・・電話251-1111
・インターネット受付(24時間)・・・詳しくは「川口市粗大ごみ収集受付」をご覧ください。

【お問い合わせ】

廃棄物対策課(電話228-5370)戸塚環境センター(電話295-0131)
環境施設課(電話228-5383)朝日環境センター(電話228-5300)
収集業務課(電話251-1174)リサイクルプラザ(電話228-5306)
鳩ヶ谷衛生センター(電話281-5043、281-5049)

一番わかりやすい報道

子ども新聞

ここ2〜3日間 衆議院選挙について新聞各紙が報道したが一番分かりやすかったのはどの新聞だったのか?
各紙きめ細やかに また、面白く興味を引きやすい工夫を凝らしながら解説をしていたようです。

さて、わが家で購読している中では「読売KODOMO新聞」が一番わかりやすいとのこと(妻や高齢な両親 子どもにまで内容的に簡単なため分かりやすいとのこと)私は地方議員としてどの新聞各社も繊細で良い記事ばかりだと考えております・・・・・・・・・

それでは読売KODOMO新聞の内容を引用して掲載します。
「衆議院選挙では、原子力発電所を今後も使っていくのかや、消費税をどうするのか、貿易をスムーズにするために関税をなくすTPPに参加するのか・・・などが争いの争点になりました。でも今回、民主党と自民党が主張する政策に、大きな差はありませんでした。原発を慎重に使いながら、原子力に代わる新エネルギーの開発を進める、消費税は無駄遣いせず社会保障にきっちり使う、TPPは日本にマイナスにならないよう、議論する・・・という具合です。ではどうしてこんなに差がついたのでしょう? それは国民が民主党は頼りなく、政権を任せられないとかんがえたからです。アメリカ軍基地の問題で首相がいい加減な事を言ったり、東日本大震災からの復興や景気回復など、政治の頑張りどころなのに、政権はガタガタ。がっかりした国民は自民党を選んだのです」・・・引用

子どもやお年寄り、全ての方に分かりやすい総括ではないでしょうか?子ども新聞をバカにできませんね・・・・・・・・・・