2012年09月

歩道の雑草

雑草写真は歩道に生えた雑草ですが、これが非常に厄介なものです。2・3週間前に道路の管理を請け負って頂いている作業員さんと思われますが、除草をしていただいたばかりです。しかし、ご覧の通り雑草が覆い茂っており なんとかしたいものです。

また、この程度ならまだしも 大きくなって歩行する方の進路を阻むものとなってしまいます。(春から終秋にかけて雑草は伸び放題です)私たち一般市民が草刈りをしようと考えても、アスファルトやコンクリートとの境目から生えた雑草のため「草刈り鎌」も芽こぼれしてしまい使用することができません。やはりエンジンの付いた草刈り機でのプロの仕事となってしまうものです。

国道・県道・市道管理区分が分かれておりますが、市内には沢山の雑草が覆い茂っている場所があります。今後この管理方法に財政的に負担がかからなく、安定的な管理方法が求められます・・・・・・・・・・・・・

フロリアード2012最終局面を迎えた!

日本庭園

いよいよ2012フェンロー国際園芸博覧会フロリアード2012も終盤を迎え、来月初め(10月7日)には閉幕を迎える。

さて、川口市実行委員会では この週末にオランダフェンーの会場に足を運び 出展ブースの整理に取り掛かる事になります。制作した日本庭園はそのまま現地に残るように聞いておりますが、出展した鉢植えの樹木(五葉松の盆栽やチャボヒバ)は オランダ内の日本関係団体へ寄贈するとのことであり、その手配も併せて最終の残務処理に追われることになりそうです。

「終わりよければ全てよし」と言いますが、実行委員会の皆様には 最後まで頑張って頂きたいものです・・・・・・・・

秋の味覚

クリ


秋の味覚と言えば、一つに栗を思い出す。子供のころ母の実家へ栗拾いに行ったことや、運動会で茹で上げた栗を お弁当入れてもらったことを思い出します!

さて、写真は母が旅先のお土産として栗を買ってきたもので、早速妻が茹で上げたものです。私の感覚なら鍋で茹でるもので、家庭で作ると少し水気の多く、デパ地下で販売されている栗の「ホクホク」した食感が味わえないものと考えておりました。

しかし、今回妻が圧力鍋で茹で上げたが、皮が軟らかく手でむくことができるうえ、ホクホクの食感が口の中に伝わりました。文明の力とはよく言ったものです。家庭でプロの味わいが楽しめる圧力鍋 すぐれものではないでしょうか?


時代とともに生活感が変わりつつあります。何時の時代も時の変化に遅れないように努力しなくては・・・・・・・・

決算の勉強

吉田議員昨日 9月議会が閉会しました。

一息つきたいところですが、9月議会の閉会中の継続審査として 平成23年度の決算が行われる。私たちの会派では早速 調査研究が始まりました。

決算特別委員会は10月15日から19日までの5日間開催予定で、一般会計及び各種特別会計決算特別委員会委員13名、企業会計決算特別委員会13名で、昨日の議会で委員が選任されております・・・・・・・

写真は一般会計及び各種特別会計決算特別委員会 吉田英司委員長です。
(写真と本文は関係ありません)

車の販売に影響は?

エコカーテレビ・新聞・ネット等の報道機関によるニュースで知りましたが、「エコカー補助金の申請受付を終了した」ことを先週末(9月21日)知りました。
経済産業省のホームページ最新情報をみると次のように記載されていた。

≪転載〜自家用自動車を対象とした環境対応車の購入に対する補助制度(エコカー補助金:環境対応車普及促進対策費補助金)は、本日21日(金)の受理分(18時まで)をもって申請受付を終了いたします。
本年4月2日から申請受付を開始したエコカー補助金については、本日21日(金)に約32.8億円(約3.4万件)の申請を受理し、これまでの申請受理金額は約2,722億円(予算額2,747億円)となりました。この結果、補助金の予算残額は約25億円となりました。そのため、これまでの申請状況等を勘案すれば、24日(月)の受理分(21日(金)18時から24日(月)18時までの受理分)で予算額を超過することが明らかとなったため、本日21日(金)の受理分(18時まで)をもって申請受付を終了いたします。≫

さて、乗用車の折り込み広告や宣伝にはエコカー補助金を謳っているものが多く気になっていたものです。販売会社の方に言わせると9月上旬ごろが補助金の限度とお聞きしておりました。何時打ち切られる(満額支給のため)のか興味がありましたが、ついに申請受付を終了したようです。

補助金をあてにエコカーの購入をしたが、車の登録が間に合わなかった方のことが気になります。更に補助金終了後の車の売れ行きが心配です・・・・・・・・・・・・・・

子ども医療費受給資格書

こども医療費


写真は川口市役所の「子ども医療費受給資格書」ですが、受給対象の家庭に送付されたようです(中学卒業時の3月31日まで医療費の無料化が図られました)

平成24年10月から1年間有効の受給資格書のようです。その後の資格については、改めて申請書が送られてくる予定で、所得の制限、税等の完納要件を設ける予定とのこと。

9月議会の一般質問で論議されておりましたが、子ども医療費受給資格書は健康保険からの助成はなく、あくまでも安心して子育てができるための経済的な子育て支援の一環として助成するもので、担当部署も福祉部子育て支援課となっております。

市独自の制度であり、自主財源を利用することから大切に利用していただきたいものです・・・・・

選挙用紙

選挙用紙

自由民主党総裁選挙が行われている。
写真は自由民主党埼玉県連が党員に対して送ってきた投票用紙です。投票締め切りが9月25日必着との事で 余裕をもって本日投票することにしますが、今日まで候補者の話を テレビやチラシで見させていただいたが、私の一票は○○候補に投票すること決めた。

さて、誰が総裁の椅子を獲得するかは分からないが、日本再生のために頑張っていただけるものと信じている・・・・・・・・・・・・

因みに私の投票した候補者は、全ての分野において一番精通していると思えるからが選んだ理由である。

民話語り部の会の準備

語り部の会 (3)

今年初めて開催した「植木の里 安行 民話語り部の会」の第2弾を開催する予定です。写真のポスターが出来上がってきたのでお知らせいたします。

さて、本年2月緑化センターアトリウム内で“植木の里 安行”魅力発信実行委員会が開催した民話語り部の会を安行観光協会が引き継ぎ、10月7日(日)13時15分から川口緑化センター3階特設会場で開催予定です。

詳細は来月初めの会議で全て決まりますが、1部として川口安行語り部の会から4名、2部としてプロの朗読家斉藤由織さんの「ぶれさんぼうず〜リリーマルレーンは、毎晩9時57分に歌われる」をお送りする予定です。

主催:安行観光協会 後援:川口市教育委員会、公益財団法人川口緑化センター、協力:川口観光物産協会、安行みどりのまちづくり協議会

参考)2月18日実施の民話語り部の会・安行だご汁実演販売
安行植木の祖とされる「吉田権之丞」の活躍の発端となった振袖火事と安行の森に咲く一輪草が大好きな「りん」という美しい少女の一輪草物語を演題に、プロの朗読家である斉藤由織(さいとうゆおり)さんを招いて語り部の会を行いました!

パネルと説明

パネル

先週9月議会の一般質問が終わりました。

内容的にも執行部への質疑と質問の中で注視したいものが多々あったように感じている。例を挙げれば3日目の柳田議員が質問した職員住宅の件など、今までにない角度から質問していた!・・・・・・・・古いものなので何れ取り壊しすることになるのでは?

さて、写真は(仮称)赤山歴史自然公園についての質問で、実際の説明に使用されたものを写真に収めたものです。(良くできております!)

今回の質問全般を通して、パネルを使用する議員が増えてきております。確かに質問の趣旨や内容が分かりやすく、質問に有効な手段だと考える!

今後パネルを押さえる物や補助員のお手伝いも考えるべきだと感じている。

町会の夜間避難訓練

夜間訓練

本日(9月15日)は安行連合町会主催の防災訓練の一環として夜間訓練が開催されました。(明日スポーツセンターで本訓練が行われます)

安行地区には14の町会があり、その地域に近い学校(5校)に避難することから始まりました。私は安行町会ですので町会内に有る安行東中学校に避難指示されており、近所の方と18時半から徒歩にて安行東中学校体育館に向かった!

さて、写真は安行東中学校体育館内、ここには安行町会、安行藤八町会、安行西立野町会の方が避難しております。お顔を拝見させていただくと顔なじみに方が沢山居ましたが、中には初めて会う方もおり、地域の絆を深める良い機会である。

いざ災害に襲われたら、自助は勿論だがご近所の方々との共助も大切であり、今回の様な避難訓練に進んで参加することも大切ではないでしょうか・・・・