2012年04月

植木の里川口再発見「グリーンロード・ウォーキング」

地下鉄案内

表題の第25回グリーンロード・ウォーキングが本日(4月29日)開催された。
川口市農業青年会議所が主催し、川口歩こう会と埼玉高速鉄道が協力、そして、川口市が後援となって開催されました。

グリーンロード主催者である農業青年会議所の今大会の目的を以下ご紹介いたします!
『地場産業である安行植木に注目し、安行を単なる植木の生産地、流通の拠点としての役割のみならず、広くの人々の生活に貢献できる場とするべく「緑のゼネラルプロデューサー」としての役割を自覚し、緑の保全と緑化の一環として、地域の活性化と地場産業の振興を図る事を目的に、緑と歴史の里をめぐる「第25回グリーンロード・ウォーキング」を開催するもの』

さて、今回も地下鉄埼玉高速鉄道線「戸塚安行駅ロータリー」が出発地と成り約12キロのウォーキングコースと成りました。
 私個人の意見としては「都内からも 埼玉高速鉄道を利用していただき 参加していただきたい」と考えていた!祭日と言うこともあり、都内への通勤・通学が無いことを考えれば、地下鉄(埼玉高速鉄道)の利用者をこういった催事で確保したいものです。また、安行観光協会会長として、安行への集客と埼玉高速鉄道のリンクによる活性化を期待したいものです・・・・・・

ゆるキャラ「ジュリアン」繁忙期


じゅりあん

今日・明日(4月28・29日)と2日間、駒込染井吉野桜記念公園(東京都豊島区駒込2−2−1)で、第10回駒込・安行植木祭りが開催されております。

写真は、川口緑化センター樹理安のマスコット「ジュリアン」ですが花が咲き新緑がまぶしいこの季節 多忙のようです!

着ぐるみを着用して植木の販売に貢献しておりますが、春とは言え今日の日中の気温は24度と上昇しており、汗だくで頑張っていただいております。その甲斐あってか、花・植木の売り上げもまずまずの様です!

何よりも厳しい経営の中で、一時でも出店している植木屋さんに笑顔が戻ったようです・・・・・・・

トキワマンサクの花

トキワマンサク
写真は我が家の生垣に利用している「トキワマンサク」、春のこの時期に綺麗な赤い花を咲かせている。
歩道を歩く方から「綺麗ですね!」、お褒めのお言葉をいただくと、これまで以上に管理をして素晴らしい垣根として育てようと考えている(現在はところどこを間抜けている)

さて、今から2年前に植栽したものだが、苗木の生産者から花と葉症が良いものを選別していただき 110本植えたもので、確かに花の色と葉の色どちらも濃いもののようです!(育ててみて感じたが冬の間枯れそうになる樹は葉の色が薄くなり春になっても新芽の息吹が悪いように思える)

人間も同じで、どこかに疾患がある場合、必ず体のどこかに不調の兆しが表れるものです。気づいた時には手遅れとならないよう 何事にも普段からの注意が必要の様です。

一方、市民生活と環境整備についても同じで、早めの対処が必要です。傷んだ道路の補修や河川の浚渫、早めの手当てが大きな被害を防ぐ一番の予防措置です。

限られた財源でより効率的な行政運営が求められております・・・・・・・・・・

潮干狩りに赤信号

bc47e528.jpg

もうすぐゴールデンウィークに突入するが、今年の連休は5月1・2日を休めば9連休と長期連休となるようです。

さて、この季節、私が子供のころの一番の思い出と言うと、何と言っても千葉県の内房海岸へ、潮干狩りに連れて行ってもらったこと!

今年 妻と子どもと母が 新聞折り込みのチラシで「木更津海岸の潮干狩り観光」に申し込みましたが、募集人員に達せず 中止となったとのことである。

非常に残念がっている妻が「風評被害だよ、セシウムが・・・・・・」とのこと。つまり潮干狩りで取るアサリが汚染されているとの風評が立っているとのこと。まったく事実無根の様だが潮干狩り人口は例年の8割減となってしまっているとのこと。


川口市の放射線への対応状況
川口市の水道水の放射線測定結果
以上どちらもクリックしてください・・・・・・・・・・・

一輪草祭りと現況

イチリンソウ盗掘地

今年も安行中学校と赤堀用水路脇の一輪草自生地で「一輪草祭り」が開催されました。
会場を訪れた岡村市長は「可憐で清楚なこの美しい白い花が、これからも毎年、来る人の目を楽しませてくれるよう、市民みんなで守り育んでいきましょう。」と、訪れた多くの方に呼びかけていたそうですが、正にその通りであり大切にしたいものです。

さて、写真は私が今回撮影した一輪草自生地、写真上部に被地を覆う一輪草がないのが分かると思いますが、今から約2年前 この部分の一輪草が盗堀され盗まれた場所に当たります。安行みどりのまちづくり協議会の皆様が丹念に保護しながら増やしておりますが、未だに地被を覆う事ができない状況です。それだけ繁殖も遅く貴重な植物なのです。

都心近郊ではこの地が一番都心に近く 花が大きいのが特徴です。川口市天然記念物イチリンソウを大切に保護していきたいものです・・・・・・・

考え方の相違

けやき

写真は外環状道路側道の「けやき」、春の芽吹きに差が出ているのが良くわかる!

落葉樹は冬の間 字のごとく葉を落とし、春に新芽を芽吹かせる樹木ですが、樹そのものの勢いと接ぎ木したもとの樹事態の性質により新芽を張り出す時期に違いがでるものと考えられます。

さて、人間も「十人十色」植物と同じで考え方や好みなどが各人それぞれに違っており、それぞれ個性があり、物の見方さえ違うものです。

議会を構成する議員は同じ目的で物事を進めても、意見の一致をみるまでには時間が掛かるようです。
 
一方、議会の議案に対しても毎議会ごとに意見が分かれる。時間的制約の中で案件に対して賛否をとるため決まるが、本来は全会一致が望ましいのか否か?

日光御成道社参行列情報

udagawaのコピー川口宿 鳩ヶ谷宿 日光御成道まつりのキャッチフレーズが「人あゆみ 街が息づく 御成り道」に決定したらしい。
また、シンボルマークも決定し、11月11日のイベントに向けて着々と行程が進められている!

さて、川口市のホームページによれば、「川口宿 鳩ヶ谷宿 日光御成道まつり」にふさわしいシンボルマーク及びキャッチフレーズを募集したところ、シンボルマーク386作品、キャッチフレーズ1,350作品のご応募があったらしく何よりうれしい限りである。

イベントの内容はこれから詳細に決まる事になるが、川口市の平成24年度における予算計上がされており、一部 市民から反対の声もあるようだが、実行するいじょうは大成功に終わらせなくてはならない!

寄付金を集めるようだが、市費の繰り出しがある以上、経済効果が大いに期待できるものでなくてはならず、慎重に計画して進めていただきたいものです・
・・・・・・・・・・

新芽の息吹

黄金柏小葉はうちわかえで (1)
厳冬だった冬も終わり、やっと春が訪れた気にさせてくれる今日この頃!
自宅に植えた「黄金柏」と「小葉はうちわ楓」から新芽が顔を出し始めた。
写真の黄金色?のカシワの樹ですが、ブナ科の落葉高木でナラガシワ別称です。
4月に入るとソメイヨシノ桜の開花と共に人事異動や卒業・入学、「別れと出会いの季節」ですが、川口市役所においても退職なされた方、昇進なされた方、部署を異動なされた方、たくさんの人事異動が行われました。
私達議員には人事異動がありませんが、4年に1度選挙が行われるため、改選期には議会を構成する議員が大きく変わるものです。

さて、選挙がない事を理由に普段の活動を怠る事はできません。自宅のポストや新聞広告に議員個人の市政レポートが投入されています。昨今ではかなりの議員が議会ごとにレポート紙を発行しており、議会や行政の情報が分かるものです。

また、昨年 自民党川口支部では党員を中心に研修会として、市議会報告会を実施、合併や行政運営について議員が報告した。

一方、議員個人で、市政報告会を実施している議員も多いと思うが、市民の皆様への報告は義務であり、怠る事がないよう日々の活動に邁進する事が大切です・・・・・・・・・・

川口市歯科口腔保健の推進に関する条例制定

4月1日から表題の「川口市歯科口腔保健の推進に関する条例」が制定された。
この条例は平成24年3月川口市議会定例会において、議員提案により条例制定と成りました。
自民党川口市議団が、平成24年12月市議会定例会に提案した「川口市歯科口腔保健の推進に関する条例」の早期策定を目指し、議会閉会中に各派代表者数名と川口歯科医師会会長の参加のもとで、条例制定のため研修会を重ねてきました。
今回、議会運営委員会全員で、3月市議会定例会に提案され議決、条例として制定されました。
なお、川口市歯科口腔保健の推進に関する条例」は、平成22年3月に制定した「川口市中小企業振興条例」に次ぐ議員提案による条例となります。

国民年金保険料納付

b90f0703.jpg

昨日(4月16日)平成24年度分の国民年金保険料を年払いしてきた。
月払いだと、月々14,980円と成っている。年払いだと、計算上179,760円となるが、3,190円の割引があり176,570円となる。当然、全納割引を利用して納付する方法が掛け金の圧縮になり利用するほかない!しかし、約17万円もの一括出費が家計に影響するため、なかなか苦しいものではないでしょうか?(私は預金を崩して納付するありさま)

さて、ここでもう一つ気になる事が出てきた。私自身 厚生年金や企業年金に入れない為 少しでも老後の支えとして考え 付加年金(月々400円)を掛けていた。それが今年から納付できない状況となっていたことに驚いた!

そこで今朝 年金相談「ねんきんダイヤル」に電話を掛けて相談してみた。世間では電話がなかなか通じなく 厄介だと風評されているが、そんな事はなくスピーディーに親切丁寧に教えて頂いた。

回答は、昨年から個人で国民年金基金加入したため、付加年金に加入する事ができないらしい・・・・