2011年12月

一年を振りかえって!

今年も沢山の皆様にお世話になりました。

年初は地方統一選挙(川口市議会議員選挙)に対応すべく選挙構想プランニングから始まり、4月の選挙戦、5月からの会派の幹事長としての仕事、そして、6月議会で改選後 先陣を切って一般質問、9月議会での休会中の継続審査として11月の決算審査特別委員会での委員長として決算審査、沢山の勉強をさせていただき、あっという間に今日の大晦日となってしまいました。月日の経つは早いものと言いますが、正にその通りであります。

さて、1年を振り返り、様々なことを体験させていただきました。市民の皆様からのご要望・ご提言、そして、何よりも普段の生活にお困りのことや1人で悩んでいる方が多いことに改めて痛感させられた1年でした!

市政の発展と市民生活・福祉の向上に寄与するべく努力は勿論ですが、改めて皆様のご指導・ご鞭撻をお願いいたします・・・・

ごみ焼却処理施設の放射性物質と空間放射線量

今週月曜日(12月26日)川口市ではゴミ焼却施設(戸塚環境センター・朝日環境センター)で発生する焼却灰等の放射性物質の測定を行っているようです。

その結果の報告を受けており、数値と結果です。

○試料採取日 平成23年12月26日(月曜日)
○測定機関 (射性物質〜(株)日本環境調査研究所
○測定結果 (射性物質〜国が示す暫定基準値(8,000bq/kg)以下
との結果が市議会議員に環境部から報告されている。

さて、この他にも様々な場所で放射線量の測定を定期的に行っており、ホームページへの掲載、川口市防災情報メールでの配信、公共施設への掲示等、その結果を市民に公表しております。

一方、定期的に計測していて漏れる場合あると考えられるが、出来る限りの計測と公表をこれからも続けて頂きたいものです・・・・・・・

年末年始のゴミ収集

c7ebd37e.jpg

川口市内の年末年始のゴミ収集についてホームページ上で確認したが、例年通りの収集となっているようです。

さて、ここで気になったのが環境センターに自己搬入する方への対応です。
『朝日環境センターでは、混雑緩和のため、ご家庭から出る粗大ごみの受け入れを12月29日(木)、12月30日(金)に限り特別に行います。(通常、朝日環境センターでは処理施設がないため粗大ごみの受け入れはしておりません。)持ち込める量は100kg以下で概ね5点までとさせていただきます。』とのことであり、市民サービスの向上と考える!
行政サービスが年々向上しており有難いことである。

一方、サービス向上に伴い経費も必要となる。年々税収が落ち込む中、どこまでサービスの向上が図れるかは未知の世界であるが、言えることは、限られた財源を真に必要とする行政サービスの回すことと。また、不必要なサービス、需要の少ないサービスへの財源の圧縮等、これから益々取捨選択が必要です・・・・・・・

今年最後の市議会ニュース配付

4e4347dc.jpg

今年も残すところ5日間と成りました。市役所も明日には御用納めとなり、いよいよ平成23年も終わりに近づいております。

平成23年12月議会も閉会後1週間が過ぎ、今 議会の報告として制作した「宇田川よしひで市議会ニュースvol.35」も明日の配布を持って終了する予定です。御蔭さまで、年末と言う事もあり、沢山の手渡しによる配布機会に恵まれました。

さて、内容は、生活道路における30キロ規制実施について、日光御成道シンポジュウムについて、放射線の測定及び対応について、鳩ヶ谷図書館の施設整備について、高機能消防司令・情報システムについて、平成24年度の予算編成について、職員の給与についての7項目です。

写真は、今朝 新井宿駅頭で市議会ニュース配布中に綺麗な朝日が登り始めた時に すかさず携帯電話のカメラで撮影したものです・・・・・・・・・・

オランダに向けて

96e47c6c.jpg

オランダ王国フェンロー市において開催される「フロリア―ド2012」 10年に1度 開催される国際園芸博覧会に向けて 川口市実行委員会(椎橋会長)の植木の掘りとり作業が昨日(12月25日)が実施され、私も実行委員会の一員としてこの作業に参加させていただきました。

さて、掘り取られた「輸出用EUオランダ向け植木」はトキワマンサク他198本で 7時半から作業を開始、概ね午前中に掘りとりを終え、午後から殺菌作業の準備に追われた!

今回作業に参加していただいたのは約30名の実行委員会メンバーだが、この他にも沢山のメンバーが今月に入り輸出作業に追われた。先週は、自分の仕事を早めに切り上げ、18時から22時近くまでガレージを作業場として コンテナン植物の根荒いと植え換え作業に追われていた様子です。私は忘年会が忙しく、一度も現場に顔を出すことさえできない状況であり、せめて この植木の掘り取り作業には協力しておきたかったものです。わずかな時間でしたが仲間として参加することができました。

更にこの作業に参加し、仲良く目的達成のために汗を流している事に感銘させられた。作業を通じて次代を担う緑の産業に携わる青年がお互いを信用しあい、生涯の仕事のパートナーとなることを願わずにはいられないものである・・・・・・・・・・・

※写真は恥ずかしながら私です。メンバーが記念に撮影してくれました!

 

楽しみなプレゼント

6baa8aeb.jpg

今日はクリスマスイブ!我家では有難いことに家族でこの時を迎えることができました。震災で避難されている方やご家族がお亡くなりになられた方、また、不幸にも家族が揃うことができない様々な方が居ることを思えば、こんな幸せに感謝しなくてはならない・・・・・・

さて、写真は私から家族へのクリスマスプレゼント、連番・バラ各10枚ずつの「年末ジャンボ宝くじ」です。当たる確率は非常に低いかもしれないが、当たった時の事を考えるのが楽しみです。(何に使おうか今から夢が広がります!)

一方、この宝くじですが、全国都道府県及び19指定都市が発行し、その得金は、それぞれの公共事業等を行うための資金になるとのことです。川口市でも宝くじによる自治振興に寄与する事業に助成していただいており、町会等が必要とする申請があった様々なものをコミ二ュティ助成金制度として活用しております。

従って、地方議員の一人として「宝くじ」には できるだけ協力すべく購入しております・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

危機管理と情報システム

e09a95fd.jpg

本日(12月22日)『危機管理と情報システム』と題した職員対象の研修に参加させていただいた。
講師はこの世界では全国的に有名な西宮市CIO補佐官兼西宮市情報センター長の吉田稔氏であり、様々な視点から防災についてご教示いただいた。実は7月に総務常任委員会で調査研究を予定していた「被災者支援システム」の生みの親である。東日本大震災以降とくに、全国様々な自治体がこのシステムの導入をしており、全国の議会でも調査研究しているところであります。

さて、被災者支援システムは、阪神・淡路大震災の際に、西宮市の職員が自ら試行錯誤を繰り返し、システムを構築、実践使用されたものであり、その効果は絶大のようである。特徴は被災者台帳・被災在家等台帳を管理する支援システムを中核に避難所関連システム、緊急物資管理システム、仮設住宅管理システム、犠牲者・遺族管理システム、倒壊建物管理システム、復旧・復興関連システムからなる、大規模災害時における 支援プログラムが一元化された情報システムです。

今研修のキャッチコピーが、『〜今度こそ、天災・人災(原発等)を忘れないために〜』と書かれていたが、東日本大震災を教訓に川口市として 危機管理体制(危機管理室等)の早急な構築が必要と考えさせられるものでした・・・・・・

平成24年度における埼玉県への要望

0801f8d2.jpg

本日(12月21日)埼玉県の上田知事に自民党川口議員団で「平成24年度施策及び事業に対する要望書」を提出させていただいた。

写真は要望書に対しての回答をしている知事であります。書面で頂いたわけではありませんが、担当部局を前に自らの考えをお話頂きました。何事にもできることは素早く対応する知事の姿に感銘した!

【要望事項】
 JR川口駅の混雑緩和及び利便性の向上(湘南新宿ライン)
 埼玉県と川口市の負担分担による新たな合流式下水道改選事業の推進
 福祉保健医療政策の更なる推進
 (仮称)川口北警察署新設に伴う、警察官の増員及び適地の確保について
 (仮称)赤山自然歴史講演等の支援について
 川口市内の公共交通施設の充実について
 埼玉県『花と緑の振興センター』の活性化について
 八ッ場ダム建設中止撤回に向けた活動について

以上が今回の主な要望であるが、回答はメモ書きのため控えさせていただきます。書面で回答があった時に改めて掲載したいと考えます・・・・・

12月議会が終わる

a2997d6c.jpg

本日(12月20日)平成23年川口市議会12月定例会が閉会した。
今 議会に提出された議案は、予算議案3件、条例等の一般議案17件、追加議案として職員給与の改正(引き下げ)議案です。

予算議案につきましては、一般会計において、生活保護扶助費等に係わる9億4589万5千円の補正を、また、特別会計では看護学校事業をはじめ2会計、1億12万円の補正、一般議案については、「川口市市民投票条例策定委員会条例」などの条例議案5件、公の施設の指定管理者の指定議案3件、広域連合の組織変更議案2件、市道路線の認定議案4件、人事議案3件です。

なお、閉会中の継続審査として、合併前の旧鳩ケ谷市平成23年(現年分)一般会計及び各種特別会計決算と水道事業会計決算についての2議案が追加議案として提出され全て可決されました。

マラソン写真に思う

73f62246.jpg

先日(12月4日)の川口マラソンの写真をいただきましたのでアップさせていただきますが、自らの体力に衰えを感じている。
誰でも若かりし日のことを思い出し、自らを比べることや、輝いた昔を思い出し、体力の衰えや昔自慢をすることにより、自己暗示をかけて 今の自分に安堵しているのではないでしょうか?

私も昔は体力自慢の消防官! 朝勤務に就くと訓練の前に約5キロの持久走、午後からの訓練前にまた5キロの持久走、夜間の自主訓練として10キロの持久走、今思えば体力向上のためのマラソンは必須であり仕事の一部のようでありました。

さて、写真に感ずることは、走っているのか、止まっているのか分からない!自分では年齢(49歳)的にも机上の仕事が多い中、十分な体力と考えておりましたが、この写真ではどうやらそうでもなさそう?

ここで考えたいことは、仕事や自分のやっていることが長くなれば成る程、己が分からなくなるようです。体力に関わらず、性格や行動 全てにおいて注意が必要なようです・・・・・