2010年11月

特養の視察

aa833c58.jpg

先日、川口市内の特別養護老人ホームを視察した。
視察の目的は施設内の状況把握と何よりそこで働く方の話を伺いたかったものである。

実は行政運営についていろいろとご意見を伺うが、昔の土木中心の行政サービスから医療・福祉・子育て等の財政支出が増え、歳出における予算配分の中心が社会保障費へと移行している。それらと比例するように、市民の皆様から寄せられるご意見も、社会保障関係にシフトされているように感じている。

(寄せられたご意見の中から)
~現在の日本の総人口は約1.3億人、平成年度に入り、出生者は年105万人~110万人で、この5年間では1年約105万人となり、今後も少しずつ減少する。また、高齢者は平成35年まで増加するが、その後、高齢者は急減して少数に成る。この事を念頭に育児・医療、介護の対策を検討すべきである・・・

これは市民の方から寄せられた手紙の一部であるが、同じようなご意見を他にもいただいている。私自身高齢の両親と小学校低学年の子供を抱えており、正に私の生活実態そのものである⇒学校卒業後は隔日勤務の職に就いていた為、働く両親の代わりに祖父母の世話(一部介護も)を体験した。夫婦共稼ぎをし、高齢の両親を抱えながら、子供を保育園・幼稚園に入れ現在は小学校に通わせている。

社会の変革とともに現場を常に視ておくことが何より大切なことだと感じている・・・・・・・・・

救命センター

75570a33.jpg

川口市医療センターは埼玉県下6つある救命センターのなかで唯一の自治体病院である(他はすべて大学病院)従って本来の目的である「市民に信頼され安全で質の高い医療を提供すること」にあり、不採算部門の運営と自治体病院としての経営が合致するもので、営利ばかりを追及するものではないと考えてしまう。

さて、来月の発行予定の市政レポート「宇田川よしひで市議会ニュース」では川口医療センターについて取り上げてみた。今月の決算特別委員会で審議した内容を中心に記載してみました。

現在校正中ですが、概ね出来上がっております。印刷と織り込み等の作業もまだ残っておりますが、一日も早く発行したいと考えております。

※写真は救急救命センター内、色々な高度医療機器が並んでおります。

政策セミナー2010

48c25c17.jpg

昨日(11月25日)川口市総合文化センターリリアにおいて、表題の自民党川口市支部政経セミナー 2010が開催されました。

さて、11月5日にマニフェスト大賞地方議会の部においてグランプリを頂いた川口改革プログラムの検証と新たな自民党川口議員団政策集「市民(あなた)への約束」の発表も併せて行われた。これは自民党川口議員団の2011年5月から4年間の政策発表と解説をしたもので、多くの市民の皆様の負託に応えるべく 約束するものです!

更に 来春行われる統一地方選挙において、私たち議員団が掲げるマニフェストの発表だけに 各議員各々の持ち場をしっかりと遂行し市民皆様に発表させていただいた。

私個人的には 午後からの会議が長引き セミナー開催の集合時間には到底間に合わず厳しい状況であった。(リハーサルなしで行った)ご参加いただいた方から「なんか歩きかたがぎこちなかったネ!」と言われ自分なりに反省している・・・・・・・・・・

※写真は主催者を代表して挨拶する奥ノ木支部長

市展

6c54d5a4.jpg

今月21日から27日までの一週間 川口総合文化センターリリアにおいて、38回目となる川口市美術展(日本画・洋画・書・写真)が開催されております。出展者から情報を入手いたしましたので早速昨日拝見して参りました。

写真が情報提供者の作品ですが、一回展示ホール一杯に展示されているので全部拝見するのにかなりの時間を要します。近くで眺めたり、距離を空けたりと作品一つ一つを拝見していました。洋画のエリアまでさしかかったところ、ついに情報提供者の絵画を発見、カメラに収めました!(男性の後ろからの裸体が描かれておりました)

さて、今回の市展ですが、市内から沢山の美術品が出展されており、正に文化の香る川口を象徴している展覧会でありました。なお、訪れた時間が平日の午前中ということも有り、作品出展した方が会場に居ませんでしたが、是非本人から作品を前に説明を受けてみたいものです・・・・・・・・・・・

第9回川口ミ二テニス交流会

ae3d7603.jpg

昨日(11月23日)川口市立芝スポーツセンター体育館を会場に、今年で第9回目となる「川口ミ二テニス交流会」が開催され、開会式に参加して参りました。

さて、写真でお分かりかと思いますが、大勢の方がエントリーしていただき、盛大に開催された。何しろ南は九州、北は仙台から150ペア・280名の参加であり、その規模が毎年脹れあがり 川口においてもミ二テニスが新たらしいスポーツとして 認知度も上がってきております。

一方、この大会の歴代優勝者は年代別に分かれているが、1ペアとして川口市内の方がいない。今年こそは頑張っていただきたいことを 開会式の挨拶の中で励ましのエールを送った。当然であるが、日本全国とまではいかないが、力のある選手が市外から半分位参加しており難しいところである。

今大会の目的はミ二テニスを生涯スポーツとして川口市民に広げることと、愛好家の親睦と交流にあると考えている・・・・・・・・・・

老人会によるグランドゴルフ

fedb13dd.jpg

本日(11月22日)私の地元で安行老人会連合会による秋季グランドゴルフ大会が開催され、押しかけで開会式に参加してきた。
春季大会にはお招きをいただいたが、今回の秋季大会にはお声が掛からなかったもので、参加者の元気なお顔を拝見すべく出かけて参りました。

さて、会場は安行スポーツセンターグランドでしたが、地区レクリェーション協会等のご協力を得て会場準備を行ったものと考えていたが、老人会役員の皆様が朝7時からコースの設営から準備まで全て行っていた。(頼もしい限りである)
地域で様々なスポーツイベントが行われているが、殆ど地区レクリェーション協会が主催し行っている。それを考えるとゲートボールにしろ、老人クラブでは自らが準備から設営まで全て行っている。

昔の人は偉かったと良く口にするが、本当に年を重ねている現在でも自ら進んでやる姿勢を見習わなくてはならない。私達若者の手本である・・・・・・・・・・・

河川の桜管理

3412903d.jpg

安行出羽地区に流れる伝右川の河川敷に植栽された「安行寒桜」の管理作業がボランティア団体「安行桜を愛する会」の皆様の手により、今年も剪定等の実作業が行われた。毎年の事であるが、来春彼岸前に安行桜の花を楽しんで頂くことを目的に本日(11月20日)行われました。

写真は作業中に写して頂いたものですが、植栽から丸4年半、大きな桜に成長したため、枝を詰めたり空いたりと、なかなか大変な作業に成ってきました。

また、剪定した枝の量も多くなり、作業時間も毎年増えてきているようです。従って開花の時には年を追うごとに美しさも倍増しております。

来年の3月半ばには植栽した50本の早咲きの「安行寒桜」が一斉に咲き、地域の人々を喜ばせていただけることと思います・・・・・・・・・・

企業会計決算が終わった。

149dea29.jpg

先週月曜日(11月8日)から川口市議会では平成21年度決算特別委員会が開催されていた。15日に一般会計決算認定も終了し、企業・一般とも第4回(12月)市議会定例会で委員長が特別委員会の審議内容・結果を報告する事に成ります。

さて、私は今回 企業会計(水道・病院)決算特別委員長として委員会を務めさせていただいたが、病院会計において、医療センターの決算概要は、減価償却前では、約3億3000万円のマイナス。建物、医療機器等の減価償却額約6億円を加えると、決算上は約9億3000万円のマイナスである。

マイナスの原因となる要因の一つには、平成14年度から診療報酬のマイナス改定が続き、平成21年度は、最大約8パーセントのマイナス。医療センターの収入額で、約7億円から8億円の影響額があったものと考えられます。

更に、救急、小児、産科を含めた周産期センターなどいわゆる診療上の不採算となる部門も自治体病院として実施しており、その不足額も負担している事が原因の一つとして伺える。

一方、現場も視察し、過酷な救命現場で医師から現状を説明頂いたが、埼玉県において 自治体病院で唯一救命センターを有している点は市民として 川口市に感謝したい。

以上の様な事から引き続き経営面においては赤字経営を縮小させる最大限の努力をして頂き、市民に信頼される地域の中核病院として期待したい。

浦和東京線の進捗

32d80f8b.jpg

先日、都市計画道路「浦和東京線」の今年度工事予定個所にて説明を受けた。この路線は浦和美園駅から南へ進み、現在安行藤ハまで開通している。その先安行籐ハ及び安行地区において分断され、安行出羽から草加市まで開通しており、川口北東部地区住民から早期に全線開通を願う要望が多々寄せられている。

写真は今年の工事個所であるが、道路路盤を覆い茂った雑木や草が綺麗に刈り取られ、今月からの工事準備が整っている。
また、写真は安行出羽方面から工事予定現場を撮影したものであるが、担当者からの説明によれば 地盤調査及び改良も終了しており、問題なく工事に取り掛かれるとのこと!(担当者も頑張っている事を理解した

何時ものことながら担当者には 全面開通に向けて鋭意努力していただくことを伝えた。

まだ時間が必要であるが、市民の切なる思いを理解していただくよう現場でも話が尽きない・・・・・・・・・・・・・・・・・

もみじの展示

84ceca7f.jpg

先週末(11月13・14日)リボンシティーで行われた花・植木の展示即売会での写真です。

ご覧いただいている「もみじ」ですが 鉢植えされた物で、つる性の様に下に垂れさがり 伸びていく物だそうです。数年前、安行領家の「小林紅葉園」で園主さんから説明をお受けしたのを思い出した!その時は未だ小さな鉢植えで、高い所から地面に向けて枝先が伸びている物でした。あれから数年経過しておりますが、今では立派な枝垂れもみじとなって販売されておりました。

安行には沢山の園芸樹種を扱う植木屋さんがおりますが、小林紅葉園さんは特に有名で 秋の紅葉シーズンに成ると、美しいもみじを求めて沢山の方が訪れております。
是非この機会に美しいもみじをごい購入する事をお勧めいたします。

お庭が無くても 鉢植えで楽しめる物も沢山あり、ご家庭で園芸三昧も楽しいものです・・