2010年05月

ブロック積み

c984fcad.JPG

連休前から自宅の塀造りを始めました。仕事仲間の造園屋さんにお願いしてブロックを積み始めましたが、妻がどうせやるなら息子にも手伝わせるべく作業に加わるよう命じておりました。

これから先 住み続ける事に成るので、子どもにも思い出として作業に加わるよう考えたものだが、写真の通り一生懸命頑張っているが、はっきり言って邪魔の様子。(積み上がれば自宅前の畑が完成する)

しかし、工事屋さんも一言も文句を言わず、じっと見守り我慢していただいた。

この子が大きくなって自分でブロックを積んだことを思い出し、我家に愛着を持ってくれる事に期待したい。しかし、今でも核家族が中心でこの先 日本の住宅環境がどう変わるか分からない。

自分で独立してもらいたい気持ちと裏腹に同居してもらいたい気持ちが混ざり合い複雑である・・・・・・・・・

第22回みどりの地球号まつり開催

d8a1cdb2.jpg

本日(5月5日)安行スポーツセンターにおいて表題の地球号祭りを開催させていただいた。

このお祭りは今から23年前川口青年会議所が「子供達に緑に包まれた地球、緑豊かな環境を残そう」と始めたものです。今ではその思いを安行観光協会が引き継ぎ、今日まで実施して参りました。
今では川口北東部地区を代表するお祭りに成長しましたが、これから先も毎年続けて開催していく予定で考えております。

さて、写真は植木の模擬せり市のものですが、この不景気にもかかわらず例年並みに開催できるのもお祭りの趣旨にご賛同いただける方のご支援ご協力によるものであり、心から感謝を申し上げます。(本来なら協賛者お一人ずつご紹介してお礼申し上げるべき事ですが、開会セレモニーの時間の都合で省略させていただきました。)

秋には大会資金集めのチャリティーゴルフを企画しますので、お祭りにご賛同いただける方の参加をお待ちいたします・・・・・・・・

煙草の投げ捨て

cab7e921.jpg

我が家は交差点前に位置しており、当然ながら信号待ちをする車が一日中絶えない!

昨日 車庫前で道を聞かれた。私はその方が 八潮に行きたいと言うので こと詳しく事細かに教えた。訪ねた方からはお礼を言われ感謝されたが、一つ気に成る事が・・・実はその方、銜え煙草で運転しており、道を尋ねる私の前で車庫前に平気で煙草を投げ捨てている。(マナー違反と感じた!)

さて、その煙草が気になり拾うことにしたが、その周りにも投げ捨てられた煙草が沢山あり 拾い集めたが、写真の通り14本の吸殻を拾い集めた。我が家の前だけでこの始末である。近所も合わせるとどれだけの煙草が投げ捨てられているのか?

社会一般的に煙草を吸う場所が狭まれており 愛煙家には肩身の狭い思いをしていることと察するが、一握りのマナー違反者がいることにより愛煙家全てが邪魔にされかねない。川口市の市税においても  たばこ税が重要な収入源となっており、完全分煙とマナーを守っていただくことで 愛煙家の立場を尊重したいものです・・・・・・・・・・・・・・

※川口市において 平成22年度市税のうち 3.73%に当たる29億3600万8千円のたばこ税を見込んでおり、大切な収入源となっております!

合併協議会委員の発言について

f3d22c22.JPG

私は川口市鳩ヶ谷市任意合併協議会を傍聴しているが、この会議では協議事項を前もって提案 提示し、次回協議をするといった形をとっている。従って委員は提案された議案をいったん持ち帰ってから審議する時間が充分に取れることになっている。当たり前と言えばそれまでだが重要な懸案だけに慎重に進められていると考える!

内容は協議会のホームページや協議会便りをご覧いただきたい。

さて、この協議会には私達の会派からも代表者が委員として参加している。5月7日に第7回目の協議会が開催され、いよいよ合併の期日等重要審議に入るらしく、会議に先立ち立石団長(自民党川口市議会議員団)から各団員個々に合併についての意見聴収が行われた。私も書面で提出させていただいたが、17人いれば意見も様々であると考える!(各議員それぞれに市内に活動地域が分かれており地域における温度差があると推測する)各地区から吸い上げられた意見が議員を経由して代表者が取りまとめたことになる。

議会選出委員の発言は重く、委員個人の発言というより市民を代表した意見と考えられるのでは・・・・・・・・・・・・・・

通所型のリハビリ

97636239.JPG

今日の某新聞に「回復期リハビリ集中的に」との見出しで医療機関の回復期リハビリ実績が公表されていた。

最近の話であるが、脳卒中で倒れた家族からの相談で、「命に別状はないが寝たきり状態に近いため日常生活に復帰するためのリハビリが必要であり施設が少なく困っている。」との事。よく聞く話であり、そこにはお困りの方が大勢いる背景が伺えるものである。

さて、集中的に入院してリハビリを受けられるのは150日(病気の種別により異なる)であり、それ以上は入院して集中的に治療が受けられない!従って、その後は在宅介護を受けながらのリハビリが必要になる。ここで通所型のリハビリ施設の充足率が心配になる。我家の側にもリハビリを受け入れてくれる施設が有りますが、受け入れに限りがあり誰もが利用できるわけではない。そこには当然ながら介護認定基準もそうだが需要と供給のバランスも大いに関係している。

これら施設を増やすことが必要と考えるが、なかなか用地の確保から経営的問題まで全てをクリアーで来るものではない。社会福祉を目的に施設の建設運営に英断を下している経営者には敬意を表し感謝したいものです・・・・・・・・・・

バギーで駆け巡る!

3e22cc78.jpg

ゴールデンウィークも半ばに差し掛かりましたが、私個人としてなかなか連続した休暇をとることが難しいものです。連休中は地域の行事やたまった事務処理と毎日大忙し!

さて、今日は連休中唯一 日中の予定が空いており、子供と一緒に過ごすことにしました。昨晩あれこれと考えましたが、アクティブにバギーで山中を駆け巡ることにしました。東北道をひたすら走り 那須まで行って参りました。心配された高速道路料金も浦和インターからゴールデンウィーク割引1600円でなんなく通過、出費も抑えて楽しい一時を過ごすことができました。

わずかな休息でしたが、小さな子供の親として 連休中の思い出を作ってやることができたような気がしております。
無事に夕方帰宅できましたので、〜オフからオン〜 これから気持ちを改めて、月初めに行われる町会の班長会議に出掛けてまいります・・・・・・・