2010年05月

合併問題に関する説明会

08bb3109.JPG

去る5月28日川口市のホームページに、川口市と鳩ヶ谷市の合併に関する説明会を行う旨のお知らせが掲載されておりました。

写真は川口市議会広域行政懇談会の時に配布された資料です。この資料を基に私達川口市議会議員に説明を過日行っているが、これから市民に対して説明会が行われることに成り、その日程が発表されております。

川口市・鳩ヶ谷市合併に関する説明会日程  是非お近くの公民館に足を運び、その内容についてお聞き頂きたものです。

また、6月2日には第8回川口市・鳩ヶ谷市任意合併協議会がキュポ・ラ4階のフレンディア(市民ホール)で午前10時から開催されます。今のところ傍聴を予定しておりますので、内容は後日記載したいと考えます・・・・・・

アンケート依頼

936d628e.JPG

本日から地元の方に自民党議員団のマニフェスト作成の為のアンケートを実施した。

さて、アンケートにご協力いただいた方からの率直な意見として「これまで行政へのアンケートを書いたことが無い」と言われた方が非常に多かったこと。
行政に自分の意見を言える機会がほとんどない!また、このアンケートに書かれている内容自体知らない施策が有るようでした。

写真のように今日 朝から会う人会う人にお願いして記載していただきましたが、30数名分とわずかな数でありました。しかし、アンケートを取り終えてから各々のご意見を頂戴したが、中でも これからの季節(雨季の入る)集中豪雨による冠水から逃れたい等の切実な要望が多く、安心安全な街づくりが求められている。

更に付け加えるのであれば、毎年、床下・床上浸水に悩む市民が身近に生活しており、改善すべき事項である・・・・・・・

市民アンケート

d2bef342.jpg

自民党川口支部議員団では、来年春に行われる統一地方選挙に向け、ローカルマニフェスト作りに着手した。

まずは、4年前に作成したマニフェスト(Kawaguchi 改革プログラム)を継承しつつ、市民の求める街づくりを目指したものにしたいと考えるものです。そこで、市民の求める(考える)ものが何か、ハッキリと把握するためにアンケートを実施し、その結果を反映したマニフェスト作りを行うことになっております!

なお、アンケートは幅広い年齢層・地域に隔たりなく集計したいと考えており、様々なやり方を研究することとなっております。勿論一般的であるが、市内のJR・SR各駅での街頭アンケートも実施する予定です。寄り良い街づくりのためにご協力をお願いします。

更に昨日 自民党川口支部ホームページからアンケート用紙がダウンロードできるよう貼り付けました。

植取りの総会

77bfc764.jpg

表題に植取りと記載しましたがこれは、安行植木取引所の略で地元では「ウエトリ」と呼ばれております。

本日3時から緑化センター会議室で第37期の総会が開催され、全ての議事が承認された。私は安行観光協会の会長としてお招きいただき、懇親会では、沢山のご来賓各位がお越しの中、挨拶の機会を頂戴した。

昨日の農政審議会でも質問の中心であったが、安行植木取引所が一般市民に門徒を開いたことにより、注目されるようになった。植木の小売販売・地場野菜の販売等を行うことにより、業者専門の市場から市場を一般市民に広げたことによりその経営に注目が集まるようになったことと理解している。

これから先、ご理解いただける市民の後押しを受けながら 経営の安定に努めていただきたい・・・・・・・・・・・・

注)植木のセリ市はあくまでも登録業者専門である。

農政審議会における審議

本日(5月25日)川口市農政審議会が市役所で開催され、岡村市長より私を含めた15名の審議員が委嘱された。任期は平成24年5月までとなり、これから2年間 川口市の農業行政について多いに議論する場の提供を頂けた。

さて、会議の中で平成22年度の農業施策の概要説明の後、「川口市農業基本計画の策定について」審議され、事務局の説明・質疑応答と続き承認された。

内容について少し触れさせていただこう。

本市農業の維持・発展に資するよう、本市の農業ビジョンを明確にし、農業振興策を総合的かつ計画的に推進するため、川口市農業基本計画の策定するものである。
委員数は20名、任期については平成23年3月31日までとし、知的経験者・農業委員・農政審議会委員・県職員・農業関係団体・市民等と成っている。策定期限は平成23年3月とし、策定にあたり農業団体との意見聴取や農業者・市民に対するアンケートを実施し策定委員会において検討するものであるとのこと・・・・・・・

地方自治体の事業仕訳

8988257a.JPG

政府の行政刷新会議が公益法人などを対象とした事業仕訳がテレビや新聞を賑わせており、その効果が問われるところであります。仕訳人の鋭い言い回しに事業そのものの継続が危ぶまれるような場面もしばしば放映されている・・・・・・・・・

さて、写真は先週 地方自治体として事業仕訳を行った○○市へお伺いし、担当者から直接お話しを伺ってきた時のものである。

事業仕訳を行った目的は、事業の総点検を行うことの一環として事業仕訳を行ったとのこと。更には事務事業評価の外部評価機能の強化に活用するために行っておりました。

ここで注視したいのは、仕訳にかかる費用と効果額については余り期待できないようである。地方においては以前から自主財源の悪化により、かなり切り詰めた事務事業の改革に努めてきており、効果額として数字に表れないようである。

その一方で、国の事業仕訳でもそうですが、外部の客観的な視点で行われるために、一切のしがらみが無く評価できることが強みのようである。

川口市指定無形民俗文化財

09480a0d.JPG

本日5月24日は川口市指定無形民俗文化財に指定されている「安行原の蛇つくり」が行われる。

毎年のことだが、安行原の小清水、半縄、向原、中郷の方が集まり小雨の降る中行われました。内容は他のサイトに沢山紹介されており、私自身も過去に何度か記載させて頂いております。

どのサイトを見ても蛇の銜えるお札に五穀豊穣や無病息災、天下泰平を祈願すると書かれているが、江戸中期から伝わるお札にはそう記されているらしいが、現在では「世悪吞消」とも記され、世の中の悪行も蛇に消し去っていただく事も祈願している。

さて、小雨が降るなか行われたため、代表を務める沖田さん宅の車庫内で蛇を作成、トラックで欅のご神木まで搬送しての行事となった。
この蛇に私も今年一年の思いを寄せて見学させて頂きた・・・・・・・・・・

街頭演説会

30dab944.jpg

昨日 川口駅東口駅前広場(キュポ・ラ広場)で12時30分から参議院議員選挙に向けた自民党演説会が開催された。これは衆議院議員「しんどう義孝」議員の企画により参議院議員埼玉選挙区に自民党公認で出馬を予定している「関口昌一」現職議員の街頭演説会である。

応援弁士として「小泉進次郎衆議院議員」が駆けつけたが、その人気と政治に対する歯切れのよい演説は圧巻でした!

さて、関口昌一参議院議員の立候補の意味合いがどれだけの方に理解していただいたか不安であるが、昨日会場と成ったキュポ・ラ広場にお越し頂いた方に応援していただける演説内容であったように感じる・・・・・・・・

自家栽培野菜を目指して

1718ee02.JPG

現代社会において家庭菜園が流行りつつあるように感じております。過去のブログでも記載させていただきましたが、昨年「無農薬ねぎ」の栽培を母とともに行いました。

さて、今回は新たに畑を新設いたしました。写真はトラクターをかけた後の畑の様子ですが、牛フンと腐葉土をたっぷりと混ぜ合わせて栄養度の高い土壌が完成いたしました!今から夏野菜を植えるのが楽しみです・・・・・・・・

川口市では農業を考える有識者会議の提案から農業塾や地産地消を推進するなど多彩な施策を計画しております。その一角として今年度は「川口市農業基本計画策定委員会」を立ち上げる計画など、農業を見直そうとしております。私もその先端に立つためにも自家栽培野菜の生産に取り組み、もう一度 問題点を自分なりに考えてみようと思います。自分で生産することにより何か必ずヒントがつかめることと信じて野菜の苗を植えることにします。

一方、川口の農業の中心は植木生産であり、野菜とは全く別物であることも理解しながら これら全ての課題を洗い直したい・・・・・・・・・・・

県有資産と開智の挑戦

3be5feb2.jpg

開智学園が中高一貫校「開智未来中学・高校」の創設を5月17日に発表したらしく、新聞の埼玉版に掲載されておりました。

その内容は埼玉県が廃校した県立北川辺高校跡地を加須市が購入、加須市が開智学園に10年間無償貸与する形で誘致が決まり、その後は買い取る形らしい。更に埼玉県から中高一貫校の設置計画が県に承認され、秋には正式に認可されるとの記事であります。

開智学園と言えば全国的に先駆けての新しい教育システムを導入した12年間一貫教育の学校である。その校風と理念には賛同するものです。校長の掲げる、「知識偏重でない、人間味あふれる社会貢献できる人間形成を図る事」をこの学園に期待している。

さて、川口市においても現在「市立高等学校の在り方審議会」が設置され、今後の川口市立高等学校3校の統廃合を含めた在り方について検討されているが、統廃合により廃止された学校ができた場合や小中学校の廃校に伴い、加須市のように私立の小中高一貫の学校を誘致する事を調査検討するべきと考える!