2009年09月

市政レポート

92d3f229.jpg

宇田川よしひで市議会ニュースVOL・18「市政レポート)が完成し、明日から 配布させていただきます。

毎議会ごとに作成するのが 一番ベターな事だが、初当選以来 議会が26回(臨時会は除く)開催されましたが、通算 18回目の発行であり、当選間もなくの議会は別にしても、少し怠慢である事に 反省しております。

今後はなるべく 発行回数を増やす事と 他の手段(媒体)を考えながら、市政・議会について オープンに発信していく事が 望ましい限りであります・・・・・・・・・・・

Ps:ホームページでは、PDFファイルにて、データーをそのまま貼りつけてありますので、気にならないかと思われますが、お配りするレポートは、今回から再生紙を利用しました。従って、コストが高くつくことと、見難い点が 否めない事実であり、今後どうするべきか検討課題であります。(本来ならペーパーレスに適うものはない)

9月市議会定例会閉会

昨日、川口市議会第4回(9月)市議会定例会が 閉会しました。

9月3日より始まり、28日までの26日間の日程で 予算議案・条例等の一般議案・報告事項等、全ての議案が承認され、可決いたしました!

さて、今回の議会で 一般質問2日目に議事が途中ストップし、深夜にわたる議会と成りましたが、私自身 初めてのことであり、貴重な体験をしました。ここで一つ言えることは、「議会は 何時 何が起こるかわからない」平穏に進められる議事においても、市民の代表として 議員が会議に出席する以上、慎重に言葉を選びながら 発言しなくてはならないことを 改めて痛感させられた。

なお、総務常任委員会付託案件も 委員長報告どおり可決されました。詳細は、別ページにリンクを貼り付けておりますので、是非ご覧ください!

衆議院選挙報告

45785b61.jpg

本日、川口総合文化会館「リリア」ホワイエにおいて、夕方6時から「新藤義孝衆議院議員」の選挙結果についての総括がありました。

写真は、参加者を前に、今回の衆議院選挙を振り返り、御礼とこれからの抱負を述べる新藤代議士!

さて、本人の挨拶の中で、「約2年にも及ぶ選挙準備を経て、衆議院総選挙に望んで参りましたが、その間、週間しんどう(本人の政治レポート)を毎週配布してくれた方・毎朝駅に立ち 挨拶運動してくれた方・一緒に自転車で 川口鳩ヶ谷を走ってくれた方・地域の挨拶運動をしてくれた方・手となり足となり 沢山の私を支えてくれた方の総合力により、比例ではありますが、議席をお守りいただきました。心より感謝しております」こう述べておりましたが、何より、家族とともに 感謝の気持ちを 大切にしている様子でした!

参加した方々も、これからの 新藤義孝代議士の活動に 大いに期待しての選挙報告と成りました・・・・・・・・・・・・・・

休養

beafa622.jpg

今日は思い切って 一日休養をとりました。
実は、我が家では シルバーウィークに息子が風邪を引き、妻が夜も寝ずに看病しており、お蔭様で元気に走れ回れるまでに快復することができました!
その影響で 妻が肩こり・頭痛・めまい等、体調不良を訴えて折りました。そこで、ある程度の日程を削ってでも 家族で久々に休養をとり、温泉に浸かることにしました。

朝から 東北自動車道を 北へ走ること 約2時間半かけて、那須温泉へ!
今までなら、高速道路料金3,800円・往復7,600に ガソリン代では、日帰り温浴など 考えられなかったが、休日ETC割引で 浦和インターから片道1,600円で 那須温泉へ到着する。

透明で 滑りが体に残る温泉浴には 疲労を快復させ 明日に繋げる英気を養う一時と 成りました!
明日は9月議会最終日、委員会付託議案への 私の委員長報告があり、議員各位の 賛同を得て 議決できるか 不安であるが、休養を取ったことにより、議会に集中できる状態であり、明日早起きして 報告文を見直すことにする・・・・・・

さて、写真は温泉に隣接した池で鯉に餌付けしたときのもの。

週末の行事

お彼岸の シルバーウィークも つかの間に過ぎたと思えば、また週末のお休みとなりました。ものづくりの街 「川口」 では、未曾有の不景気で 製造業は仕事がなく、工場では 毎週が連休・休業となっていると、工業界の会合で よく話を伺うものである。

さて、もう一つの産業、緑化団体では、川口駅前公共広場において 「秋の園芸フェスタ2009」 が 開催され、安行ブランドの植木・花き・草花の展示販売会が 行われている。農産物のPRに留まらず、販売増進に 期待するものであります!景気に左右されない 基幹産業でありたいものです。

一方、私の地域では、インフルエンザの影響で 予定されていた地区行事も 大部分がキャンセルであるが、今日・明日と「第2回きらり川口ツーデーマーチ(市内を歩いて散策する)」が開催される事から、明日の安行ルートの休憩所となる 安行連合町会長宅(金剛寺)では、準備におわれており、安行地区町会内の皆様が、テントを張り等準備に大忙しであった!

地域を挙げて支援する以上、事故がなく 大成功に終わることを ご祈念いたします・・・・・・・・・・

総裁選挙演説

d5c99f14.jpg

昨日、自由民主党総裁選挙立候補者の 演説会が、川口駅東口キュポラ広場で 行なわれました。

彼岸の 大型連休最終日と言うこともあり、大勢の聴衆は 期待する事が出来ないと 考えらながら、演説現場へと 向かったが、予想を反し、1500名をも超す勢いで 人だかりが出来ておりました。更に、報道の為の マスコミも カメラをセットし、待ち受けておりましたが、昨年さいたま市で行われた 自民党総裁選挙演説会には、8000名もの聴衆が集まったことからすれば、その 関心の低さを 物語るものであると 痛感した。

国民は何を考え、何に期待しているのか?各候補者の演説にも、ヤジと 拍手で その答えが 返ってきているように 感じられた・・・・・・・・・
国民(川口市民)が、政権交代に期待したものは「目の当たりとなった、閉塞的な生活改善を 何より求めている」また、この事を 実行するには「派閥順送りの組閣や 官僚主体の政治では 出来ない」と 判断した結果のように 感じられた!

立候補者の演説にも、市民生活と かけ離れた政治は 必要ない旨の発言に 大きな拍手が 沸いていたが、一党員として 次期総裁には、「日本の発展し続ける未来と 生活重視」の、両者を考えられる、バランスの取れた 候補者に 未来を託したいものです。

彼岸花(曼珠沙華)

ba4eee39.jpg

今日は お彼岸の中日、皆さん お墓参りは お済でしょうか?
我が家は 曹洞宗「興禅院」の檀家であり、身近な土地柄となる事から、今日も 墓参りに出向いた(墓掃除を合わせると彼岸中3回目の墓参りとなる)

今年のお彼岸は、日曜日と 敬老の日、国民の休日並びに 秋分の日と土曜日も入れると、世間では『シルバーウィーク』と称され 6日間のお休みとなりました。日本全国各地では、行楽の人で 賑わっており、高速道路も大渋滞となり、本来の お彼岸の持ちえる意味合いが 違ってきているように思えます・・・・

さて、写真は 興禅院の彼岸花。参道奥に咲いており、カメラを持った写真家(趣味での?)が 秋の景観を楽しんでいるようでした。墓石の回りにも 沢山の彼岸花が咲きほころんでおり、観る者を 楽しませております。

(追記):今年は 彼岸に 彼岸花が咲きほころんでおりましたが、興禅院の彼岸花も 彼岸以外に咲いており、ここにも地球温暖化等の影響が 髄著に現れておます。身近なところで、環境保護の大切さを 痛感するものです!

風邪かインフルエンザか?

ここ数日、インフルエンザの猛威に 脅威を感じている!

川口市の 教育当局からの報告(9月14日現在)によれば、市内の小中学校で インフルエンザ患者は100人を超しているが、学級閉鎖(特別支援学級を除く)は無く、安心していた。

報告から1週間が過ぎようとした昨日、何時もは元気な小学生の息子に 異変が起きた。朝から 体が熱く、もしやと思い 検温すると、38度5分の高熱である。早速、広報かわぐち(市政だより)から 休日当番医を探し、電話で連絡を取り  いざ診察へ向かう。
病院に着くと 信じられない現実が 待ち受けていた!なんと、診察受付で 140番台の受付順番であり、おおよそ9時間待ちとのこと。信じられなかったが、診察は 夜中に成ってしまう事実を突きつけられた。仕方なく診察をあきらめ、帰路に 薬局で市販の解熱剤を購入、妻と息子の看病に当たった。夜中の3時を過ぎた頃、息子の熱は下がり、事なきを得た。

さて、今回自分の体験により、休日小児科当番院の 過酷な実態を目の当たりにした。ただでさえ 過重労働な小児科医、これでは益々小児科医を志す方が減ってしまうのでは?
また、インフルエンザが流行しつつある現状を鑑みれば、早急な休日深夜の 医療体制への改善が望まれる・・・・・・・・・・

校庭の芝生化

8bd563a3.JPG

校庭の芝生化を望む声が 市民から寄せられており、議会質問での度重なる要望に教育当局が 返答に苦慮しております。数年前に「川口市内の小学校」に 試験的に 施工しているが、あまり好ましくない状況にあるようです。

夏用の洋芝(ティフトン等)に 冬場はライグラス等を オーバーシードする方法が一般的で、ゴルフ場等でも 採用している方法が 挙げられますが、私達の住む地域(川口市)では、環境的に 夏の暑さと 湿度に馴染まない事と、子供たちが常時使用するグランドとしては、耐久性に欠けている等の 問題があるようです。ちなみに、同様の方法で、栃木県以北のゴルフ場で 通年を通した「青い芝」の確保がなされているようです(湿度の低い、乾燥した地域であれば可能らしい)

さて、私は先週末 「埼玉県内で芝生化した学校グランド」 の 視察を兼ねて、とある運動会を視察してまいりました。
視る限りでは『芝生が剥がれ、黒土が露出しており、ツチボコリが舞い上がり、子供達は、真っ黒になりながら 競技を行っておりました』 側に居た父兄からは、一般的な砂の校庭にして欲しい旨の意見が 大勢を占めておりました。
脳裏に浮かぶ芝生化と、実使用のグランドでは、乖離していることが否めない事実として、突きつけられ、現実を目の当たりにした。

子供達に「芝生の校庭で元気に走らせてあげたい」思いが募るが、理想と現実の厳しさを実感させられた。どうしたら良いのか・・・・・

開催が危ぶまれた「グランドゴルフ大会」

ef5c4928.jpg本日 早朝より、平成21年度 安行地区グランドボール大会が、安行スポーツセンターにおいて 開催されました。

今秋は、インフルエンザの蔓延に対処する為、安行地区では 全ての 連合町会所管の催しが 中止と成りました。防災訓練・地区体育祭・文化祭等、安行地区として、地域内市民が こぞって参加いただき、親睦の和を広げるべく 開催していた中心的催しが 取り止めとなり、寂しい限りであります。

さて そんな中、地区レクリェーション協会主催の 「グランドゴルフ大会」 が、大勢の元気な皆様が 参加いただき、盛大に開催されました。
屋外で行うスポーツという事で、開催することが出来たようですが、参加された皆さんの 生き生きとした 「笑顔でのプレー」 に 健康であるゆえの ありがたさを 痛感した ひと時でありました!

少子高齢化時代に 青年からお年寄りまで 元気で楽しめる行事が 何より求められているのでは・・・・・・・・・・・・